暖かな一日は…

早朝のpekoの散歩で蕎麦屋へ出掛け、昨日の洗い物を片付けてくる。朝食を終えたら直ぐにまた蕎麦屋へ出掛け、仕入の前に庭の草取り。始めてしまえば小一時間で終わるのに、なかなか手に付かなかったのが悔やまれる。ラディッシュの双葉が伸びて、辛味大根も今年は間隔を開けて蒔いたから、収穫の時期を期待する。右手に空けてある場所は、今日の午後にも苗を買ってくるつもりの夏野菜を植える場所で、ナスとキュウリとピーマンが蕎麦屋の必需品。

コゴミの新芽がまた伸びて、三年目になると根が張ったのかあちこちに出ているから嬉しい。季節の天麩羅の具材にタラの芽と共に一つ二つ加えて、お客様たちに喜んで頂いているのです。でも、実際は、天麩羅にすると苦味もなくなって初夏の味わいは薄れるからか、昔、渓流釣りによく行った山里の釣り宿などでは、単に油で炒めて食卓に出していたっけ。陽の当たる川の土手などに一面にコゴミの芽の出る風景を見ると、自然の生命の勢いを感じるのでした。

今朝は団地のスーパーが野菜の特売日だから、開店時間に間に合うように出掛けて行って、新鮮な野菜を買い込んでくる。ナスのへたの棘が痛いほど、キュウリも棘棘があって新鮮さは抜群。春キャベツもレタスもしっかりと巻いているから、5日間の営業には十分に耐えられる。女将に頼まれた買い物を家に届け、蕎麦屋に戻って野菜類を冷蔵庫に保存したら、その足で床屋へ向かう慌ただしさ。珍しく床屋も混んでいたから、しばしの休憩と順番を待つのでした。

街路樹の新芽も新緑の季節で、今朝の青空と陽射しに映えて、のどかな風景を醸し出しているのでした。昼前には家に戻って、昨日の店の残りの野菜類を一挙に使い、カレーチャーハンとスペアリブのコンソメスープを作って女将と二人で昼食タイム。午後は蕎麦屋の菜園に植える野菜の苗を買いにガーデンセンターに出掛けるつもりでいたら、まだ足の調子が悪い女将に頼まれて、クリーニングに出した礼服などを取りに行く。ついでに酒屋でビールの仕入れ。

そしていよいよ午後の仕入と植え付けの苗の買い出し。生椎茸はこの店でなければと決めているので、蕎麦屋の仕入もこだわるときりが無いのです。亭主は採れたての生椎茸がどんなものかを知らないので、店の冷蔵庫に入れて五日間新鮮な状態で使えればいいと思っているのですが、他の店で安く買うものは肉厚でも、三日目ぐらいで黒ずんでふにゃふにゃになる。その点、特選の生椎茸は値段は高いけれど、好いものを選べば次の週でも使えるほどです。

せっかく高級な胡麻油と天ぷら粉を使って美味しく揚げる天麩羅の具材なのだから、食材の新鮮さは譲れない。蕎麦屋の開店前に賄い蕎麦で食べるぶっかけ蕎麦のかき揚げを揚げるのも、その日の天麩羅を揚げる予行演習のつもり。粉の溶き具合と油の温度で、美味しさが微妙に変わってくるのを身をもって毎日検証しているのです。多少の誤差も油と天ぷら粉の良さがカバーをしてくれるのは嬉しいことです。この時期はタラの芽とコゴミの天麩羅も美味しい。

仕入れた野菜類を冷蔵庫に入れたら、買ってきた夏野菜の苗を専用のプランターや耕しておいたスペースに植える。夏の台風にも耐えられるようにとキュウリの支柱を頑丈に作って、何回も如雨露に水を汲んで水遣りを済ませたらまた厨房に戻る亭主。好きてなかったらこれだけの労力は続かないのだろうけれど、さすがに二時間を越えると飽きてくるから、洗濯物を干したり畳んだり、定休日の仕事はきりが無い。終わりの時期の九条葱を収穫して湯がいておく。

ゴールデンウィークのデザートにと、小豆を煮て明日はもう一度はパウンドケーキに挑戦しようと思う。天麩羅の具材にするカボチャの端切れは、出し汁で煮込んでいとこ煮にする。筍の若竹煮もあるし、定休日明けの小鉢の準備はこれで完了。スローフード、スローライフと自称するだけに、とにかく仕込みには相当な時間がかかる。それでも、もっと何か作りたいと思うのは駆け出しの調理人の浅はかさで、結局は、すべてサービスでお出しすることになる無駄遣い。

九条葱の酢味噌和えを家に持って帰って夕食の食卓に出したら、女将がこれは美味しいと言ったから、明日の仕入れではイカでも買って一手間かけようか。白味噌は使い方次第で随分と品のいい料理が出来ると最近は思うようになった。今が旬の筍の若竹煮に薄口醤油を使うのも、ちょっとした手間なのです。こうやって少しずつ調理のノウハウを覚えて行けば、美味しい料理を出す店として、お客に認められるようになるのかも知れないと、期待するのです…。

This entry was posted in 季節, 日常, . Bookmark the permalink.