昨日の疲れもどこへやら…

女将の足の具合が良くないから、今朝は早起きをしてpekoの散歩に蕎麦屋へ出掛け、玄関口にpekoを待たせたまま今日の分の出汁取りをしながら、昨日の洗い物をすべて片付ける。主人の姿が見えないとしばらくすると不安になってか吠え出すから、その度に扉を開けて顔を出してやる。朝に取った一番出汁は蕎麦汁にして、その日には使えないので蕎麦徳利に詰めて冷蔵庫に入れる。二番出汁は暖かい蕎麦の汁と天つゆに今日でも使えるから鍋で火入れ。

昨日は冷蔵庫の中に小鉢も出し汁も何もなくなって、蕎麦徳利の蕎麦汁も今日の分が足りるかどうか。混んだ日の翌日は、やはり仕込みがきついのです。40分ほど待たせたpekoを連れてみずき通りを渡れば、その名の通りハナミズキが咲き始めているではありませんか。これはもう初夏の景色。なんだか毎日がやけに忙しい自分が、季節に置いて行かれたような気分になるのでした。それも自分の選んだ道なのだけれど、夜の営業はやはり疲れが溜まるのか。

昨夜も定年後に敢えて違う仕事先に再就職したという同年代のお客と話が弾んで、どうして蕎麦屋を始めたのかと聞かれて応えに困ったのです。長年の夢だったのかと言われるとどうも当てはまらないし、調理師学校へ行くのは朧気ながらも希望をしていたから、在職中に社会人入学の応募をしておいたのでしたが、何もする事がなくなることへの不安解消で、好きな事を初めからきちんと学んでみたいと、思っていただけに過ぎなかったような気もするのでした。

今朝の蕎麦打ちも、昨日の午後の追い打ちと合わせて13人分を用意して開店に備える。最初にいらっしたご夫婦のお客がお二人とも天麩羅蕎麦のご注文で、作りたての温かい汁でお出ししたら、奥様が「出し汁が美味しいから、全部飲んでしまったわ」と、お褒めの言葉。蕎麦豆腐が珍しいからと、お持ち帰りのご注文で、ご満足でお帰りになったから嬉しいのです。二組目のお客様はカウンターでのお食事。いろいろと話をするうちにご亭主はコーヒーのご注文。

お客の側からすると、鰹出汁の利いた味の汁が美味しいと感じるのかも知れない。蕎麦屋の側からは、沸かさない程度に火を入れた汁を、一日寝かせた方が醤油と鰹出汁が馴染んで美味しいと考えているけれど、こればかりはお客によって個人差があるから、なんとも言いようがない。結果として、とても満足そうにお帰りになるお客の姿を眺めて、亭主も嬉しい限り。温かい蕎麦の味わいは、蕎麦の歯ごたえよりも出し汁の香りなのかも知れないと思ったのです。

閉店前にいらっした女性の二人連れのお客さんは、先日いらっしてお蕎麦が美味しかったからと、遠くの町のお友だちを連れてのご来店で、お二人でランチセットのご注文。天麩羅もあっさりと揚がって美味しいし、蕎麦が歯ごたえがあってとても美味しいわねと話しているのが聞こえるから、厨房の亭主は嬉しい限り。蕎麦屋の窓の外の景色を見て、新緑の季節になった話をすれば、若い頃と違って季節を眺める余裕が出来たのだともう一人の女性が応えている。

のどかな午後の蕎麦屋の賑わいが、昨日の疲れを癒やしてくれる。スタッフと食べる賄い蕎麦は、また格別の味で、今日のお客も美味しいと言ってくださった。今月は、平日の中では月曜日に随分とお客が多い。今日は昨日の店の混雑を思えば、店は静かで仕事も楽なのでした。スタッフの屋敷の竹藪から掘ってきてくれた筍を煮て、若竹煮の準備をしておく亭主。女将の足の具合も、随分と腫れているけれど傷みが少しずつ和らいでいるようで、後は時間の問題。

新緑の森の景色を眺めながらスタッフと家路をたどる遅い午後。菜の花の時期も終わって、そこいら中の緑が鮮やかに目に染みる。夕刻には隣町の車のディラーに出掛けて定期点検を済ませて来る。明日は仕入れと床屋に行って、久しぶりに夏野菜の苗を買いにガーデンセンターへ出掛けようと思う。蕎麦屋の庭の草取りも済ませなければならないし、グリストラップの掃除もそろそろしておかなければ。のんびりとしたい定休日も忙しない予定で次々と埋まっていく。

遠くまで歩くことの出来ない女将に変わって、夕刻のpekoの散歩も亭主が買って出る。新緑の森の景色を間近に見て、心の中が洗われるような思い。公園のクルメツツジも色鮮やかに咲いて、季節はまさに初夏に移ろうとしている。何を思うのでもなくただ自然の風景の中に身を置いて、自分の中の自然を感じている瞬間。これが老いというものなのかと、ふと、思うから宜しくない。疲れた身体が単に暇をもてあそんでいるだけだなのだと一方では思うのだけれど…。

西表島の珊瑚が温暖化の影響で壊滅的な打撃を受けているというニュースを見た。そう言えば、隣の石垣島でも最近は白化したイソギンチャクの中に住むクマノミをよく見かける。今年は近所で鶯の鳴く声も少ない気がする。海山川の自然は人間世界との臨界だから、自分自身が自然の一部であるというものの感じ方を、もっと多くの人間が出来るようになればいい。老いたから思うのではなく亭主の以前からの感じ方ですが、高齢化社会が案外加担してくれるかも。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.