お蕎麦もうどんもご飯も売り切れた午後は…

午後の8時前にやっと家に戻った亭主。夜のお客の洗い物だけは済ませて、昼に洗った物も全部は片付けきれなかったのでした。朝から12時間の立ち仕事は相当に応えるのです。今日は、お客の少なかった昨日とは打って変わって、開店前からもうお客がいらっしたので、準備は終えていたから店の中でご飯の炊きあがるのを待って頂いたのでした。ところが、それを見た次のお客がまたいらっして、開店前にもうテーブル席が一杯になってしまったからさあ大変。

こんな日は、次から次へとお客が来るもので、洗い物をする間もなく、天麩羅を揚げ続け、蕎麦を茹で続ける亭主なのでした。駐車場もずっと満杯で、気を利かせた先のお客が、道路際に車を停めて待っている次のお客ために、早めに勘定を済ませて帰って下さったり、道路にそのまま車を停めて店に入ってくるお客がいたりで、対応に苦慮するのでした。それでも、二人連れのお客が多く、天せいろがほとんどだったから、幸い調理はそれほど大変ではなかった。

混んだ時ほど丁寧にと、一組一組蕎麦粉を溶いて、熱々の蕎麦湯を作ってお出しする。12時半には用意した蕎麦が、すべて出尽くして生舟が空になる。「お蕎麦売り切れ」の看板を出すのだけれど、まだ次々とお客がいらっしゃるから、女将と亭主が代わる代わる外に出て、うどんとご飯物しか出来ないのですけれどと、お詫びをしながら説明するのでした。うどんでもいいからと何人かのお客がカレーうどんや天麩羅ざるうどんをご注文で、うどんもほとんど終わり。

「今度また来ますから」と、駐車場まで車を入れてお帰りになるお客も何組かいらっしたのです。最後に見えたのが、以前よくいらっしていた隣町の会社の若い衆たち。うどんもなくなったけどと言うと、天丼でいいからとおっしゃるので、サラダや蕎麦豆腐をお出しして、天丼の具材も足りなくなっていたから、海老やキスを追加して、なんとか昼食らしきものをお出しできた。これで炊飯器の中のご飯も空になる。蕎麦を食べられなかったお客さんたちには、コーヒーを。

信じられないことだけれど、サラダも蕎麦豆腐もデザートも小鉢も、余るほどに仕込んだ料理がすべてなくなって、昼の営業がやっと終わる。天麩羅の具材の野菜もすべてなくなって、冷蔵庫の中がガラガラなので、夜の営業のために亭主は帰る足で野菜を仕入に出かけるのでした。こんな日に限って、女将が昨日のヨーガで膝の腱を延ばしすぎて痛めたようなので、戦力はがた落ちで、亭主が薬局に行って湿布薬と膝のサポーターを買って帰る。昼飯は抜き…。

4時過ぎに蕎麦屋へ戻って、大釜の湯を沸かし小鉢にもずく酢を作ったら、早速、蕎麦打ち室に入って蕎麦を打つ。それでも来る時にはお客は来るもので、朝のジョギングで店に寄った男性が奥様を連れてのご来店。亭主とは同じ年頃と見えて話が弾んだから、閉店時刻を過ぎての終了となったのです。それにしても、今日もご新規さんが多く、人づてに美味い蕎麦屋があると聞いて来たというお客が何人かいらっした。地道に真面目に続けている努力が報われる。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.