晩春の風景は…

晩春の風景は初夏とのせめぎ合い。その年々の陽気で花も木々の緑も違った景色を見せてくれる。今年は蕎麦屋が忙しかったせいもあるけれど、八重桜が咲いている時期に躑躅の花もやっと咲いて、藤の花はまだ見ていない。女将の散歩道にはもう咲いているそうだから、亭主には余裕がないのかも知れない。昔、渓流に山女魚を釣りに出掛けていた頃は、山吹が咲いてその次に山躑躅が咲き、そして山の藤が紫色に色づくのが順序だったと懐かしく思い出す。

昨日の夕方に蕎麦屋に寄って片付け物を終わらせていたから、今朝のpekoの散歩は公園廻りで、新緑のモミジの大木を写真に撮った。家の木槿(むくげ)もやっと新芽が伸びて、新緑の季節になってきたと実感するのでした。蕎麦屋の木の芽も新芽が芽吹いて、日一日と緑色が濃くなってくる。蕎麦豆腐や筍の若竹煮に添えるのは、この時期の旬の料理のつもり。こごみやタラの芽の天麩羅を揚げてお客にお出しするのも、この時期ならではのサービスなのです。

今朝は750gの蕎麦を二回打って、昨日の蕎麦と合わせて19人分を用意したけれど、曇り空で気温も低かったせいか、昼のお客は先週ほど多くなかった。石垣島から送って頂いたモズクの酢の物も、ちょうど好い具合に発酵した糠床に漬けたナスやキュウリも、若竹煮と共に沢山用意したのに、なかなか出番が来ないのが残念でした。それでも、季節はどんどん巡っていくから、いつも旬の食材を用意してお客を待つほかにしようのないのが蕎麦屋の生業というもの。

今日はデザートに抹茶大福を作って、週末の混雑を期待したのだけれど、ランチセットを頼まれたお客が「ああ、満足」とおっしゃって帰られたきり。そう言えば、今日のお客様も皆ご新規さんなのでした。気温が余り上がらない曇り空だったから、暖かい天麩羅蕎麦や鴨せいろが出て、出し汁を沢山作っておいてよかった。その日の天候で蕎麦屋で出る料理も変わるから、読みが外れると忙しいことになる。お客数が少なかったこと以外は概ね予想通りの調理でした。

賄い蕎麦をぶっかけで食べて、早めに暖簾をしまったら、家に着くなり亭主は隣町まで今夜と明日の夜の仕込みに出掛けるのでした。ついでに空っぽになった我が家の冷蔵庫のために、魚や肉を買い込んでくる。女将の好物の果物も忘れずに。いつもの元気なお姉さんがいるレジに並べば、亭主の顔を見て「こんにちは~」と明るく挨拶をしてくれるから、昼の疲れが取れる気がするのでした。自分の娘くらいの年齢だろうか。生き生きと仕事をしているという感じ。

蕎麦屋の冷蔵庫に仕入れた刺身や肉をしまったら、家に戻って女将に買い物を渡して、今日の売り上げデータの入力をする亭主。女将が「行ってきま~す」とスポーツクラブに出掛けた後は、早い夕飯を食べ終えたpekoと散歩に出掛けるのでした。彼女も、最近は、歳を取ってせっかちになったのか、飯・散歩・眠たいのモードで吠えるから逆に分かりやすいのです。亭主自身も疲れた身体を椅子にもたれて、テレビも付けずに静かにしていたときがあるから怖い…。

休む暇もなく夜の仕込みに蕎麦屋へ出掛け、大釜の湯を沸かしながら再来週に使う分の返しの仕込みにかかるのでした。大根の桂剥きをして刺身のツマを切った後は、刺身に添えるパセリの新芽をを庭から採って来たり、菜花の白和えを作ったり、来るかどうかも分からぬ夜のお客のために、準備だけはしっかりとしておくのです。それでも時間が余るから、砥石を出して十分に水を吸わせたら、切れ味の落ちだ西洋包丁を研ぎ始める。辺りが暗くなって来る頃…。

閉店の20分ほど前に、突然、店の玄関の扉が開いて、老人がお一人傘を畳んでいらっしたから、帰り支度を始めていた亭主は、急遽スタンバイ。ビールに板ワサ、筍の若竹煮と、急に忙しくなるから分からないもので、鴨せいろのご注文だから、葱と鴨を焼き始める。聞けばお袋様と同じマンションにお住まいで、いつも大通りの和食のお店に行くのだけど、今日は道を変えて蕎麦屋の前を通ったのだとか。カウンター越しに話を聞いて、とうに閉店の時刻は過ぎた。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.