開店2年目の最後の日は…

暖かな朝でしたが、日中は気温が上がらず、夕刻から冷たい雨が降り出した一日でした。桜の花もまだ開かないのに花曇り…。今日も開店30分前からお客がいらっしたので、店の中で待ってもらったのですが、大釜のお湯が沸いていたからすぐに調理を開始しました。ちょうどサラダの具材を刻んで盛り終えたところで、ランチセットのご注文だったからラッキーなのでした。刻んだ野菜はまだ残っていたから、サラダを作り足しておいたら、最後のお客で全部出る。

閉店時刻を過ぎてもまだお客がいらっしたので、温かい蕎麦汁も作った分はすべて出尽くしたのでした。リピーターのお客様とご新規のお客様と半々のご来店で、「お蕎麦が美味しかった」と言って帰られる方もいて、昨日に引き続きお客様に元気を貰った一日なのでした。次のお客までの間があったから、昼過ぎにはぶっかけ蕎麦の賄い蕎麦も食べられたし、洗い物もすべて合間に終えることが出来たから、3時前にはスタッフと共に店を出ることが出来たのでした。

家に戻って売り上げのデータをパソコンに入力したら、去年の同じ時期よりもお客の数は増えているし、今年に入ってからも、1月2月と比べて倍近いお客が来店している計算です。光熱費や新聞代、ゴミ収集の費用はまだ確定しないけれど、現在のところ初めて収支の差額欄が黒字になっているではありませんか。恐らく今月は2~3万円の赤字で済みそうだとほっと胸をなで下ろす亭主。月々の小遣いの範囲の出費なら、長く続く楽しめる店になりそうだと一安心。

それ以上には欲がないから、毎日蕎麦を打って腕を上げ、美味しい料理を作ってお客に食べてもらえれば、自然と蕎麦屋の経営も上向いてくるに違いない。やはり、3年5年なのか。今日はこれから隣町の温水プールに出掛けてひと泳ぎ。冷たい雨の降る夕方は、プールもきっと空いているだろうと、泳いだ後の晩酌を楽しみにする。女将はまだスポーツクラブから戻らないけれど、pekoに夕飯を食べさせて家を出よう。ヒガンザクラの並木道を走って出掛けよう…。

プールまでは車で7分ほど。冷たい雨の夕刻なのに、いつもよりも混んでいました。準備運動を済ませてシャワーを浴びたら、10分ほどアップで四種目を400m 泳いで、今日はそれで終わりの亭主。年度替わりで、プールの入館証を更新しなければならなかったから、3階まで階段を登って一年分の手続きを済ませると、プールの丸天井が見えていました。バックストロークで泳いでいると、この天井から空が見えるのです。公共施設というのも馬鹿には出来ない。

This entry was posted in 仕込み, 季節, , 蕎麦打ち, 運動・健康. Bookmark the permalink.