菜の花を見ながら蕎麦を食べる気分は…

日の出の位置が随分と変わったのに今朝になってやっと気づいた。冬の間、真東の森の当たりから昇っていた太陽が、少し北寄りに移っているような気がするのです。蕎麦屋の向かい側の菜の花畑が、やっと黄色く色づいて、森の浅黄色と合わせて春の景色を醸し出しているのです。朝はまだ肌寒いけれど、霜が降りるほどではなく、pekoを待たせて蕎麦屋で朝の準備をし終えたら、朝食を食べに家に戻る亭主。駐車場のアセビの花も少しずつ膨らんできました。

8時過ぎに再び蕎麦屋へ出掛け、米を研いで炊飯器にかけたら、早速、今日の蕎麦を打つ。天気も好いし、気温も上がるというので、750g 8人分を二回打って、計16人分の蕎麦を用意するのでした。何故1.5kgで一回打つようにしないのかというと、亭の蕎麦打ち室で、均一の生地に伸すためには、ちょっと狭すぎるのです。巻き棒を使わず上手く伸せるのがこの分量で、時間的にも余計な手間がいらないから早く打つことができる。1時間以内の仕上がりでした。

1kgだと巻き棒を使うから、20人分以上を二回打つともう少し時間がかかる。平日だから、それほどはお客が来ないと見込んでの蕎麦打ち。蕎麦打ち台の隅に印した75cmの幅で90cmの奥行きで伸していけば、切りべら23~25本で一人前130g強の蕎麦が切れるという塩梅なのです。蕎麦の太さは計算上では約1.7mm。今の亭主の腕前では、この太さがベストかも知れないと思っている。水で洗って氷で締めて水切りをしても短く切れない最小限の太さかも。

750gの分量の打ち易さは、四つ出しも楽で四隅の角度が直角に近い角度で畳めて、8人分を切っても最後まで綺麗に蕎麦が取れるのが長所。最後の5cm幅ぐらいの余りは、丁寧に切っても0.5人分だから、大盛り用に切ってもいいのですが、今日は家に持ち帰って酒のつまみの蕎麦揚げに使うつもりで、ストックする。短時間で二つの玉を伸して畳まなければならないから、余計な時間を取られたくないというのが本音でした。これで、生舟二箱分の蕎麦が完成。

平日にしては珍しく、暖簾を出したらすぐに最初のお客がいらっしゃった。鴨せいろの大盛りのご注文で、鴨肉や長葱は開店前に切って下他味を付けてあったから、読みも当たった。汁も鴨肉の端切れを入れて3人分ほどは煮込んであったから、少しは出汁が利いているはず。惜しむらくは、あと一日ほど寝かせると更に美味しい出汁になるはずなのですが、こればかりはどうにもしようがない。手早く仕上げてお出しすると、次の常連さんがご来店の時刻なのでした。

この常連さんは、定休日明けは天麩羅の油が新しいと思っていらっしゃるから、いつも木曜日に天せいろを頼まれる。これも、本当は天麩羅の出具合で油を入れ替える日も違うのだけれど、「軽く揚がっていて天麩羅が美味しい」とおっしゃるからそれでいい。油は天麩羅の出ない日は5日間使い続けるときもあれば、天せいろばかりが出る時は、3日で油を替えることもある。胡麻油は酸化するのが遅いから、案外、長く使えるような気がするけれど、時によります。

隣町からご夫婦でいらっしたお客さんは、ランチセットのご注文で、野菜サラダや蕎麦豆腐が美味しいと言って、喜んでくださった。「森や菜の花畑の景色がいい」とおっしゃって、ゆっくりと寛いでいかれたから好かった。いつも店の前を通るのだけれどとおっしゃるお客が最近では随分と増えているような気がします。近くにある会社の制服を着てご来店のお客様たちもいたから、やはり、少しずつは知られてきたかなという感じでした。蕎麦もいい仕上がりでお出しした。

閉店間際に「まだいいですか」とおっしゃっていらっしたお客は、ゴルフの練習帰りのようで、ゆっくりと窓の外を眺めながら、「菜の花畑を見ながら蕎麦を食うのも好いね」とおっしゃって、都会では蕎麦は急いで食うものだからせちがないと、霊犀亭好みのなかなか風情のあるもの言いなのでした。そういったお客様が増えれば亭主も嬉しいし、励みになる。都会に勤めに出ていた団地の人々と森や畑に囲まれた土地に昔から住む人々との狭間にある蕎麦屋もいい。

平日にしてはまずまずのお客の入りで、やはり、この暖かさかが幸いしているかと今日の天気に感謝する亭主なのでした。家に戻れば女将は稽古場に入ったままだから、売れ残った黒ごま黒豆きな粉の大福を机の上に置いておく。「柔らかくって美味しかった」と亭主の書斎にお茶を運んできてくれたから、今日のお客の入りを報告するのでした。早めに夕食を済ませて、ブログを終えたらもう風呂に入って寝るだけ。明日はどれだけ蕎麦を打とうかともう心配をする。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.