花の季節の始まり…

お袋様と隣町の魚屋スーパーに出掛けた朝は、もう外の気温は10℃になっていたけれど、どこか薄ら寒い陽気なのでした。暖かくなればなったで人間は、その時々の気温になれてしまうから、陽射しが遮られたりするとなかなか暖かいとは感じないものらしい。その点、植物は実に敏感に春の到来を感じているのか、庭のスモモの花もじっくりと見ないうちにもう散り始めているのでした。ハナニレの花もご近所や公園などに綺麗に咲いているし、いよいよ花の季節。

昨日のうちにだいぶ仕込みをしておいたから、今日は小松菜やホウレン草を茹でたり、天麩羅の具材を仕込んだり、明日のデザートに予定している大福の餡を丸めたりと、午前中にすべて終えて、昼を作りながら女将の帰りを待つ亭主なのでした。今日は久しぶりに野菜たっぷりのあんかけ焼きそば。長年使った鉄の中華鍋に穴が空いたので、女将が禁止している強火でテフロンの中華鍋で具材を調理する。焼きそばだけは鉄の小さな中華鍋を振って焼き上げた。

本当は、海老やイカや鶏肉を入れてもっと味を出したかったのだけれど、二人だけの昼食にそれほど材料費をかけるわけにもいかない。考えたら、この五目焼きそばに随分と凝っていた時代があったものです。昼飯と言えば職場の近所にある何軒かの中華料理屋に通って、カウンター席で作る料理人の動きをじっと見つめていた。肉に下味や片栗をまぶして一度揚げる店もあれば、水は少なく蓋をしてキャベツをしんなりとさせる店もあった。それぞれが勉強でした。

君子蘭も毎年のように株分けする度に増えるものを、随分と沢山処分したのですが、居間に置ききれない鉢を二回の蓋の洋間に置いている。咲いても誰も見てくれないからと、女将が切なそうに言うものだから、去年は蕎麦屋の玄関脇に置いてお客に楽しんで貰ったのは好かったのです。ただ、表に出しておくと、もともとが観葉植物なのか、葉は黄色くなってしまうし、花も色あせるのが早いのです。今年はどうしたら好いものかと思案しているけれど、花の時期。

午後はいつもならプールに出掛けてひと泳ぎするのだけれど、たまには何もしないでゆっくりと休むのも定休日かと、懐かしいテレビ映画を2本ほど観てゆっくりと過ごす亭主なのでした。夕刻になって防犯パトロールの時刻には、早めに集会場に出掛けて拍子木やライトの準備をする。今日は近所の交番から警察官が来て、一緒に回ってくれると言うから、寒い時期よりも沢山の人が集まって、団地の道々に繰り出すのでした。オリオン座と冬の大三角形が見える…。

 

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.