霜の朝、うららかな午後…

今日は定休日なうえに女将のお稽古もお休みだったから、ゆっくりと眠っていられるはずなのでしたが、愛犬のpekoには休みも何も関係がないので、いつもの時間に散歩に出る朝。蕎麦屋の前の畑には真っ白な霜が降りて、びっしりと霜柱まで立っていたから驚きです。店に寄って昨日持ち帰るのを忘れた賞味期限の迫った卵を持って帰宅する。朝食は蕎麦と親子丼の煮付けにキュウリとキャベツのお新香。どれも蕎麦屋の残りものだから、まったく世話がない。

店の駐車場の植え込みに咲き始めたアセビを見て、また春が来たのだと朝の寒さも忘れるのでした。霜の降りた休耕地にも、菜の花が咲き始めている。今朝は月に一度の床屋通いで、久しぶりに親爺殿と世間話でもしてくるかと、9時前には家を出る亭主。またライブハウスに出場するのだと言って新しい曲を覚えているところだと元気な親爺殿なのです。暖かくなったら蕎麦屋もお客が増えたと報告をすれば、自分の事のように喜んでくれるから有り難いことです。

その足で天麩羅の具材の野菜を仕入れに出掛け、ついでに女将に頼まれた肉や魚を買って帰る。団地の中を通る辛夷通りには、真っ白な花が咲き出して今日の青空に映えているのでした。庚申塚の脇の桜並木にはヒガンザクラが満開で、一足早く花見の気分。蕎麦屋へ寄って昼飯前に春キャベツと胡瓜とを塩もみにして漬け込んでおく。水が上がってきたら、昆布と柚子と唐辛子を入れて漬け直すのです。家に帰って女将と二人でまた蕎麦を茹でて食べる昼。

食休みの後は、女将は稽古場へ入り、「仕込みが終われば」プールに行ってくる」と言って、亭主は蕎麦屋へ向かうのでしたが、出汁取りや煮物のある午後はなかなか仕込みが終わらない。結局、5時過ぎに家に戻って夕食の食卓につくのでした。3時間も蕎麦屋の厨房で立ち仕事を続けたから、もうプールで泳ぐ元気は残っていなかったのです。小豆を煮ながらいとこ煮のカボチャを煮て、柚子の皮切りを済ませて、昆布と唐辛子を加えながらお新香を漬け直す。

取った出汁で蕎麦汁と鴨せいろの汁を作る。二番出汁を含めてすべて流水で冷やしてから冷蔵庫で保管するのです。煮立った小豆に差し水をしながら何遍もぐらぐらと沸騰を繰り返して、 軽く泡の出る程度にして、水分を飛ばす。豆がほどよく柔らかになったら、豆と同じ分量の砂糖を何回かに分けて入れる。最後に塩を入れて甘さに奥行きを出すのがポイント。お汁粉の季節は終わったから、いとこ煮と抹茶小豆に使おうと陽気に分けて入れ、急速冷凍で保存する。

料理を作っては鍋を洗い、布巾を洗っては干し、干しては畳んだり、調理以外の仕事が限りなく続くから、いつもだいたいすぐに疲れてしまう亭主なのでしたが、時間があればプールで泳ぐのが一番気分転換になるのです。腰の痛みも解消するし、明日は夕方の防犯パトロールの前に、午後から出かけて見ようか。午前中にお袋様と仕入れに出かけ、天麩羅の具材を仕込み、蕪のぬか漬けを漬けて、小松菜を茹で、デザートの仕込みを済ませれば、可能なのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.