霙(しぐれ)の降る日も…

昨日の大入りで、一昨日仕込んだ蕎麦屋の出汁も蕎麦汁もなくなっていたから、今朝も5時起きで店に出掛けて黙々と出汁を取る亭主。夜明け過ぎから霙(みぞれ)の降る空模様は、時間を追う毎に激しくなってくる。朝食を取っていつもの時間に再び蕎麦屋へ行く頃には、風も強くなって、菜の花の咲く森の手前の休耕地には大粒の霙が次々と落ちてくるのでした。もう春だとばかり思っていたら、思わぬ天敵。雪と風の日にはお客が来ないのがこの二年間の実績。

今日の小鉢に用意したのは、キュウリと春キャベツの塩揉みに柚子と昆布と京唐辛子を漬けたもの。隣町のスーパーで大柚子の最後の一つを買っておいたので、なんとか季節の変わり目の一品を盛ることができたのでした。お客は来ないかも知れないけれど、夕べ追い打ちした蕎麦だけでは足りないと思って、今朝も蕎麦を打つ亭主。合わせて13人分を用意して、蕎麦豆腐を仕込み、野菜サラダの具材を刻む。明日から二日間の定休日なのに、準備は万端…。

昼前になって、激しい雨風の中を昨日いらっしたご近所の常連さんが、「いやー凄い雨だね」と店に入ってくるから有り難かった。今日は客もいなかったから、最初に出汁巻き卵を焼いてお出ししてから、天せいろの大盛りを作り始める。「いつもお待たせしてしまって済みませんね」と今日はいの一番で綺麗に焼けた卵を皿に盛る。年齢の割には、食の確かなご老人だから、スルスルスするっと蕎麦を食べる音を聞くにつけて、有り難いことだと思わずにはいられない。

今日はお客も来ないだろうと、開店前にスタッフと共にぶっかけそばの賄い飯を食べて、夏になったらこれで「ぶっかけたぬき」を安い値段で出したらどうだろうかと話をしていた。蕎麦汁に天かすの油が溶けて、絶妙の味わいになるのが嬉しい。それでも、この冷たい雨の中をお客は来てくださるもので、霊犀亭も少しずつ知られてきたのかと喜んだ午後。家に帰って売り上げデータの入力をすれば、既に1、2月の売り上げを越えているからいい兆しなのでした…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理. Bookmark the permalink.