ダイビング最終日は天候に恵まれて…

待望していた日の出がやっと見られた朝なのでした。関東地方から比べると一時間近く陽が昇るのが遅いから、朝食の時間はもうすぐでした。奥様がラウンジの大型テレビのスイッチを入れてくれてBSで朝ドラを見る亭主。家にいるのと同じ時間帯での生活なので身体が随分と楽なのですが、三日続けて潜るのは、年齢を重ねるにつれてだんだんと疲れがたまってくる。器材を背負ってうつ伏せの姿勢で、首を挙げて海中を進むのが腰に相当な負担かがかかる。

そんな亭主を労るかのように、今朝は出発を遅らせてくれた船長は、大きな黒船を出して島の中程まで走らせる。リーフの切れるところから、一旦、外洋に出るからうねりと風波が凄い。どうやらこの風の収まるのを待っていたらしいのですが、昨日までの朝とは違って日差しがあるから心強い。珊瑚の綺麗なポイントは、以前にも何度も連れてきてもらったから、今日はいい写真を撮らなければと、気合いを入れて潜り始めたのでした。太陽の光があるのが嬉しい。

キンギョハナダイやデバスズメダイの無数の子供たちが、枝珊瑚の上を縦横無尽に駆け抜けていく。彼らにとってはこの珊瑚の畑はまさに揺りかごのようなもの。じっと珊瑚の縁に陣取って、彼らが一斉に向きを変えて泳ぐ姿をなんとかカメラに収めようと待ち続ける亭主。果たしてどれだけの写真が撮れたのだろうか。家に戻ってからじっくりと検証するのが楽しみでもある。きらきらと光り輝く水面辺りには、ひときわ大きなユメウメイロの群れがてんでに戯れている。

2本目も同じポイントに船を泊めて、今度は岩場の小洞窟を訪ねるのでした。水深は5mほどだから、のんびりゆっくり潜って魚たちを眺める。近い水面が鏡のように反射して、明るさはストロボがいらないくらい。ハゼの仲間や色とりどりの小魚たちが、波で砕けた珊瑚の瓦礫の中で生活をしているのでした。タンクのエアーを半分ほど残して船に戻り、昼の日を浴びながら昼食にする。船長の予想通り、リーフ内の波はすっかりなくなって静かな海になっているのです。

一路港へ船を走らせ、静かな海を堪能しました。宿に帰って器材を洗い、風呂で身体を温める。部屋のベランダから見る湾の色は鮮やかなコバルトブルーで、青い空をそのまま映しているのでした。夕食までのゆったりとした時間を部屋で寝転んで、ブログに写真を掲載しておく。明日はいよいよ帰宅の途につく日だから、荷物の整理をしやすいようにパッキングの準備も抜かりはない。夕食は炊き込みご飯と島蕎麦だったので、久しぶりに完食したら苦しすぎる…。

This entry was posted in ダイビング. Bookmark the permalink.