波の寄せる音に目覚める朝…

ザザーッと風の音なのかと思ったけれど、繰り返し聞こえるから、あれはサンゴ礁の外海から寄せてくる波の音ではないかと目が覚めた。リーフエッジは随分と遠いはずなのに風向きのせいだろうか。昨夜は星空が綺麗に見えていたから、今朝の天気はどうなのだろうと、明るくなった宿の庭に出てみれば、湾の向こうの山は霧に隠れているのでした。みるみると海面も霧に覆われてくる。今朝は早めに海に出ましょうと夕べ船長が言ってけれど、この天気故なのか。

今朝は亭主好みの純和風の食事だったから、綺麗に完食して食後のコーヒーをいただく。朝の洗面もせずに早め早めに海に出る準備を済ませ、船長の予定よりも早く出発して、港へと車を走らせる。歳のせいもあるけれど、この南の島に来て、気温が23度もあるというのに、風が冷たいと感じるから不思議なのです。今朝も客は亭主一人だけだから船長と二人、小舟でリーフエッジ近くまで出掛けて、いつものポイントに潜るのでした。昨日よりは海は波がある。

波に揺れる小舟からのエントリーは、15kgもあるタンクと器材を背負うのも辛いから、船長に助けられてやっとのことで海の中に入るのでした。自分自身の身体能力の低下はこんな時に如実に分かるものなのでした。いつも潜っているポイントなのでしたが、今日はなぜか感覚が違った。逆に、キンメモドキの大群もいつもとは違うアングルで撮ったから新鮮だったのです。寒いから、1本目が終わるとまた港に戻って、お湯をウェットスーツの中に入れて暖をとる。

2本目は船長に頼んで昨日最初に潜ったリーフの中の珊瑚の綺麗な場所に連れて行ってもらいました。昨日は、メインのカメラの調子が悪くてうまく写真が撮れなかった場所なのでした。ところが、狙っていたウメイロモドキの群れには出会えなかったので、ユビエダハマサンゴの間を縫うようにして沢山の魚たちを撮って回りました。昨日も出会ったワニゴチも違う珊瑚の間の砂地に、じっと横たわっていたのです。見るからに美味しそうな体つきだから、じっと見つめる。

体長は80cmはあるかという大物で、このあたりの海で漁業権を持つ船長は、銛を持っていれば突いたのにと言う。確か、以前にもこの魚を料理して刺身で食べさせてもらったことがある。白身のコリコリとした食感は忘れられないのでした。冬場は夜に海に出てこうした高級食材の魚を捕まえていたという船長の話は、ダイビングではなく、どこまでも漁師の仕事だから、釣り好きの亭主にはとても興味のある内容なのでした。それにしても見てくれはとてもグロテスク。

2本目のダイブが終わると不思議なことに晴れ間さえ見えて、波は高いけれど日差しが暖かかった。小さなボートの上では波で揺れるから立って歩くのもやっとで、亭主は操縦席の前に腰を下ろして、じっと港に着くのを待っているのでした。海上を吹く風で身体の温度がどんどんと奪われていくから、厚い6mmのスーツを着ていてもボートコートがないと寒くて堪らないのです。港に着いて手桶に汲んだお湯をスーツの中に入れると生き返るような暖かさなのでした。

朝が少し早かった分、2本潜って宿に戻ったのも早く、昼食を済ませて1時過ぎには部屋へ戻れたので、身体も楽なのでした。ベッドに腰を下ろしながら今日撮った写真の整理をして、ブログに掲載する写真を選ぶ。そのうち瞼が重くなってうとうととするから心地よいのです。そのうち目が覚めて、階下に水を飲みに行く。ついでに庭に出て午後の湾の風景をまたカメラに収める。陽の具合や潮の満ち引きで海の色がどんどんと変化するから、見ていて飽きない光景。

 

This entry was posted in ダイビング, 料理. Bookmark the permalink.