休暇の始まりは…

三連休の賑わいを終えた蕎麦屋の亭主は、半年ぶりで休暇を取って南の島へと出掛けて行くのでしたが、普段の生活が数百メートルの距離を行き来するだけの毎日だから、移動日の疲れは尋常ではない。羽田まで2時間近くの電車の移動と飛行機で3時間半の移動で座っているだけの姿勢が骨身に応える。いつも寄る寿司屋が連休最後の昨日の混雑でネタを切らしたとかで、カウンター席は閉鎖。違う寿司屋に入って飲んだ酒が回って、足取りもおぼつかない。

おまけに飛行機の機内整備で到着が遅れて、宿に着いたのはもう夕食前の時間なのでした。若い船長夫婦も連休の昨日までは宿も満室だったとかで、ほっと一息をついた一日のようでした。いつものようには晩酌もせずに、8時半には床についた亭主。そのまま撮影機材の準備もせずに、朝まで眠ったからやはり相当に疲労がたまっていたらしい。いつものように6時には目覚め、今日のダイビングの準備を始めるのでした。朝食は素敵な洋食でこれが一日の始まり。

ふわふわのオムレツは今までにない味わいで、奥様に言ったら、最近は卵の料理方法を変えてみているのだとか。客は亭主一人だけだからと、朝もゆっくりの出発にしてくれて、小舟で波もないリーフ内のポイントでチェックダイブを兼ねてじっくりと潜らせてもらいました。外の気温は19℃で水温が23度だから、水の中の方が温かい。魚たちの群れがのびのびと泳ぎ回っているのを見れば、こちらの心も寛ぐというもの。静かな海の中をじっくりと探訪させてもらった。

ウメイロモドキの若い連中の群れが目にも鮮やかな青色で通り過ぎていく。ひょろひょろとウミヘビが近づいてきそうだったから、横目でにらみながら珊瑚の陰に隠れて、小魚たちの群れを撮る。船長に呼ばれて枝珊瑚の茂みの中を覗けば、70cmを越える大きなワニゴチがじっと地面にひれ伏していた。白化したイソギンチャクの中にクマノミが隠れていたり、海の中の生活は我々人間には計り知れない。自分がいったい何ものであるのかを問い直す瞬間でもある。

それにしてもタマイタダキイソギンチャクの真っ白な姿は痛々しいはずなのに美しかった。約40分ほどのファーストダイブは、エアーを半分ほど残して終了。船長のアシストで器材を小舟に揚げてもらって、年寄りは風の冷たさに震えるのでした。一度港に戻って、用意してくれていたお湯をかぶって身体を温める。陽が出れば随分と違うのですが、やっと太陽が顔を出したのは、2本目のダイブが終わってから。波がほとんどなかったので初日にしては十分に満足…。

キンギョハナダイの群れる根では、昨日の夜に食べさせていただいた高級魚のハタが現れて、暖かい海でもあれだけ身の締まった魚になるのかと感心する亭主。小魚たちの中を堂々と泳いでいるから、泳力には相当な自信があるのだろう。他のお客もいないから、写真も撮り飽きたので、2本目も40分ほどで舟に上がる。このポイントはリーフの切れる湾の外だというのでしたが、波も穏やかで薄日が差してきていたので、舟の上は温かくなってきていたのでした。

宿に戻って部屋の半露天風呂に入りながら目の前の湾の海の色を眺める。日に何度も海の色が変わるから素晴らしいのです。遅い昼食は普段は舟の上で食べる奥様お手製のお弁当。温かい味噌汁が身体に優しいのでした。午後は無理をせずにベッドに寝転んで居眠りをしながら写真の整理をする亭主。他に潜るお客いないときは、一日2本のダイビングで、午後はゆっくりと休養させてもらえるから有り難い。一日中潜りまくっていた若い頃とは違う楽しみ…。

This entry was posted in ダイビング. Bookmark the permalink.