三連休の最後の日は…

お客が来ても来なくても夜まで店を開ける土日の翌朝は、やはり身体がだるくて起きるのが辛い。お客の出足の遅い週末は、閉店時間を過ぎても蕎麦屋へ来るお客がいるから、夜の営業を止めて土日祝日は午後の3時までの営業にしたらどうだろうかと、前から考えてはいるのでした。まだ、そんな歳ではないだろうとという思いと、長く続けるためには昼の営業に徹した方が身体にもいいのではないかという思いが、亭主の脳裏で交錯しているのが現状なのです。

夏場は確かに夜のお客もけっこういらっして、営業的にもメリットがあるし、元来、酒好きの亭主は、客に出す酒の肴を用意するのが楽しみではある。ただ、土日を、一度、3時までにすると、片付けを終えるのが4時だから、夜の営業を5時から始めるのは難しい。夏冬で営業の時間帯を変えるというのも、お客からすれば分かりづらい店になる。もっと亭主が若ければ、夜は5時半から8時の営業にして、年間を通してすんなりといくのだけれど、果たして可能か…。

そんなことを考えながら、今朝もまた蕎麦を打つ亭主。最近の課題は、肉分けをして四つ出しに進むときに、四隅の肉が中央の厚さと均等になるかどうか。伸し棒をこまめに動かして綺麗な四角形にするところまでは好いのだけれど、包丁切りをしてみると蕎麦の先端の方が真ん中よりも細くなりがちなのです。それを意識して蕎麦打ちをした今朝の仕上がりは上々でしたが、今度は切りべら23本で計量すると130gに達しない。1、2回包丁を入れて何とかクリア。

これが完璧にこなせると、名人級になれるのかも知れないと思うと道は遠いのが分かる。先日の女性のお客が「最近は、皆さんが蕎麦打ちをするようになったから…」と、亭主に向かって言ったのは、果たしてどんな意味だったのか。「こだわりのあるお蕎麦屋さんて好きですよ」と、言い残して帰られたから、また来て下されば亭の蕎麦が好かったと言うことか。蕎麦だけに余り固執していても、店ではいろいろな料理を出すわけだけれど、やはり蕎麦が基本なのです。

連休三日目の今日のお客は、すべてご夫婦出のご来店で、しかも年齢は相当に若い世代のお客様。ヘルシーランチセットはすぐに売り切れて、せいろ蕎麦の大盛りを頼まれたご主人は、「蕎麦が美味かったです。この辺りは蕎麦屋さんが多いけど…」とおっしゃって帰られたけれど、半径2km以内に蕎麦屋があるとは余り聞かないのです。若い方は行動範囲が広いから、この辺りと言うのが随分と広いのだと分かる。でも、美味いと言う言葉に勇気づけられる。

昨日ほどの混みようではなかったけれど、明日から5日間休むことを考えると、女将と二人で片付け物をする時間が出来てよかった。大釜の火を落として、暖簾をしまった後でも、お客が二組ほど来たけれど、閉店の時間を過ぎていたから申し訳ない。休憩時間に奥の座敷から窓の外を眺めれば、蕎麦屋の下の団地の中では、連休のせいか子どもたちや若いご夫婦が家の前の道路に出て春の陽射しを浴びている。車に乗って出掛ける家族もある。懐かしい光景。

女将と二人で沢山の荷物を持ち帰った午後は、随分と暖かい春の陽気なのでした。祝日の営業の手伝いでスポーツクラブを休んだ女将は、運動不足だとpekoを連れて散歩に出掛け、亭主は売り上げデータをパソコンに入れたら、蕎麦屋に戻って明日のゴミ出しの始末をする。明日から定休日を含めて五日間の休業。折角、お客も増えてきたこの時期に、申し訳ないけれど春のダイビング遠征に出掛けます。疲れた身体をリフレッシュして、3年目の春を迎えたい。

 

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 未分類, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.