霊犀亭一年目の最後の日は…

暖かな朝でした。上着も羽織らずにジャージ姿でpekoの散歩に出て、蕎麦屋の朝の準備を終える亭主。咲き始めていた調整池沿いのソメイヨシノも、朝は花を閉じているように見えるのでした。日曜と木曜に開かれる農家のお婆さんたちの朝市も、消防団の火の見櫓の下で、焚き火をする寒さではなくなったようで、今朝は机を出してもう皆さんが集まっている。蕎麦屋の周りには、春の色をした森と菜の花の咲く畑に囲まれたのどかな景色が広がっているのでした。

女将が朝ドラに夢中になっている間に、家を出た亭主は定休日明けの二回の蕎麦打ちに精を出す。室温16度、湿度は50%なので、加水率46%で1kgと750gの蕎麦を打つ。不思議なことに、昨日までと同じ蕎麦粉を使っているのに、蕎麦粉を捏ねている間にどんどん生地が柔らかくなるのでした。捏ね方が変わるわけでもなく、しっとりと手になじんでちょうど好い硬さになるから、四つだし、肉わけ、本伸しも順調に、20人分強の蕎麦を打ち上げることが出来ました。

蕎麦打ちを終えたら今日のデザートには抹茶小豆を仕込み、蕎麦豆腐を型に流し込んでそれぞれ冷蔵庫に入れる。サラダの野菜を切る頃に、車が店の駐車場に入ってきたけれど、さすがに開店30分前だから…。そのすぐ後に、ご婦人が玄関口で、「1時半にはバスで帰って来るんだけど、お蕎麦なくなっちゃうといけないから予約できない?二人なんだけど」とおっしゃる。「予約はやってないんですけど、二人分は取っておきますよ。空いてるから」と応える亭主。

木曜日はお客が少ないことが多いのでしたが、天気もよく暖かくなったからか、テーブル席にもカウンター席にもお客が続いたから驚きです。森と田んぼを越えた隣町の丘の上から、お孫さんを連れていらっしたというご夫婦は、ご主人が大盛りの蕎麦を頼まれたのに、食べ終えて「もう一杯ください」と再びせいろをご注文。奥様がおっしゃるには「どこへ行っても蕎麦を食べるのよ、この人は」と、相当な蕎麦好きらしいのでした。「美味い蕎麦屋が出来てよかった」

と、帰りがけにご主人が呟く。今年小学校に入るという京都弁でしゃべるお孫さんも、カウンターに置いたカクレクマノミの写真を見て、魚の生態を話し出すから驚きでした。帰る時も、「お蕎麦おいしかったわ~。また来たときにはな、寄らしてもらいます」と、一人前の愛想を言うからたいしたもの。聞けば、どこへ連れて行くときも蕎麦を食べさせているのだとか。11時に車でいらっしたのは、ご主人が一人で様子を見に来たのだと分かって、納得する亭主なのでした。

女性のお客たちの昼食後には、デザートを注文なさる方が多い。今日も抹茶小豆の他に蕎麦饅頭が出て、ご年配の方だからか、昔懐かしい手作りの饅頭を褒めたと思ったら、饅頭を載せた小皿を手にとって「これはなかなか素敵だわねぇ」と、厨房の亭主に話しかけるのでした。陶器の好きな方らしく、自分でもあちこち出掛けては買い込んでくるらしいのです。「友人の陶芸家が開店記念にと焼いてくれたのです」と言うと、「何皿あるの?」と、随分と気に入った様子。

ちょうど一年前だったか、これだけ沢山作るのはさぞ大変だったろうと、古い友人に感謝したのを思い出しながら、名古屋まで出掛けて和風の洋食器を買い求めたとか、今は小鉢が人気なのだとか、お客の女性の話を聞く亭主。歳を取ると目でも料理を楽しむようになるものらしい。今日はそんなお客が続けていらっして、骨董が趣味で古民家を買って美術館を開こうと思うのだと言うから話が大きい。「こんな店にぴったりの器ばかりなんだよ」と、また皿談義…。

閉店間際に隣町の会社の常連さんグループがいらっして、例のごとく、サラダとマグロ丼セット。「明日から値上げですよね」と社長が言うから、「すみませんね」と応える亭主。「赤字じゃしょうがないよ」と、励ましてくれる。暖簾をしまって残った洗い物を済ませたら、スタッフと明日からの新しいメニューに差し替え作業。粗品の箸置きもラッピングして準備を済ませ、明日の分の蕎麦汁を作って、一年目の最後の営業日を終えるのでした。緩やかに二年目の開始…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.