定休日、今日も仕込みに明け暮れて…

枕元で吠えるpekoに起こされて時計を見ればまだ4時半。新聞配達のバイクの音に驚いたのだろうか。休みの日ぐらいはゆっくり寝ていたいとは思うものの、朝食の時刻までに一仕事できると考えたら、居ても立ってもいられずに蕎麦屋へ出掛ける。先日、篩にかけておいた鰹節のふりかけを火にかけて味付けをしながら、昨日、水に浸けておいた大手亡豆をひと煮立ちさせて水に採ったら、一粒一粒皮を剥いていく。どちらも時間のある時でないと出来ない仕事。

窓の外が明るくなる頃にやっと皮を剥き終えて、ふと見れば前の畑にうっすらと霜が降りている。今日は寒い朝だったのだと、今頃になって気づく亭主。こんな手間のかかる仕事をよく出来るようになったものだと我ながら感心しながら、剥き終えた豆を柔らかくなるまで煮込んでいく。形が崩れる直前まで煮詰めないと、漉した後にザラザラ感が残るのです。この冬、季節限定で出した金柑大福を、お客が随分と喜んでくれたので、ついその気になって続けている…。

金柑の旬の時期に作っておいた甘露煮が、なくなるまでは作り続けようと豆の煮えるのを待ちながら、胡麻と鰹節のふりかけを容器に詰めてひとパック毎に計量をする。一度に8~10パックが出来るのだけれど、先週は全部売り切れたからこれも嬉しい。大人も子供と同じで、自分の地道な努力が人に認められていると感じると、人間は更に頑張る気になるものなのでしょう。そんなことを一人考えながら、煮詰まった熱々の豆を笊にとって宮島で漉していくのでした。

何度もやっているうちに段々と要領を掴んでくるから、鍋一つ分の豆を漉すのもわけはない。問題はこの漉した豆に氷糖蜜を加えて煮込む作業で、弱火でじっくりと煮込まないと鍋の底の方が焦げてしまう。水分が蒸発して餡がぽたりぽたりと垂れるようになったら火を止めて冷ますのです。この工程が上手くいかないと、手で丸められる硬さに上手くならない。少し硬いくらいの餡にならないと、金柑を載せて求肥で包むときになかなか上手く薄く包めないのです。

出来上がった餡を冷まして容器に小分けしたら、明日の分は冷蔵庫に入れ、他は冷凍保存する。これで来週いっぱい金柑大福を作るだけの分量は確保できた。金柑大福の時期が終わったら、次は何を作ろうかと最近はよく考える。抹茶蜜を自分でこしらえて、自分で煮込んだ小豆を使って抹茶小豆にでもしてみたら美味しいだろうとは思うけれど、なかなか試してみる暇がないのでした。朝飯の時刻には家に戻って、女将の作った朝食を食べる。朝飯前の一仕事。

月末の今日は床屋へ行く日だったから、一月ぶりに床屋の親爺様と世間話をしに出掛ける亭主。聞けば近くに住む同業の息子たちと一緒に、近くのライブハウスで歌ったのだとか。そう言えば昔、床屋の長椅子にギターが置いてあったっけ。亭主よりも一回り近くも年上のはずなのに、まだまだ元気な親爺様だ。最近は、ギターケースを持った中高年をよく見かけることがある。「みんな人前で歌ってみたいと思うんだよ。○○さんは何かやんないの?」ときたものだ…。

床屋の帰り道、隣町のスーパーまでは一本道だったから、昼までにできる仕込みの食材を仕入れていこうと寄ってみたのです。明日もお袋様ともう一度仕入れに来るから、少しだけにしておこうと思ったけれど、ちょうど品出しの時間だったらしく、店員が新しい野菜などを出していた。あれもこれもと大方の仕入れを済ませ、いつもの元気なお姉さんのレジに並べば、「こんにちは。いらっしゃいませ」と親切に大根やキャベツなどの野菜を袋に入れてくれるのでした。

昼飯は昨日残った蕎麦を茹で、焼き肉とサラダを食べ、発注してあった油凝固剤が届いたのでまた蕎麦屋へ出掛ける。午後の仕込みは、出汁を取って蕎麦汁と天つゆなどを作りながら、白菜と大根の塩漬けをする。蕎麦汁が冷めるまでに団地の酒屋へ行って空になったケースと引き替えに、新しいビールを仕入れてくる。冷めた蕎麦汁を蕎麦徳利に一つ一つ入れて、冷蔵庫に保管する。使い終えた鍋やボールを洗って家路についたのは陽も傾いた4時半でした。

This entry was posted in 仕込み. Bookmark the permalink.