うららかな陽の光…

今朝も早起き。暖かい朝。pekoの散歩の途中で、蕎麦屋に寄って今日のデザート作りの準備をしておく。風もほとんどないから、今日も春の蕎麦日よりだろうと、早めに蕎麦屋へ出掛けた亭主は、いの一番に蕎麦を打つ。丁寧に打ち過ぎるとどうしても生地が薄くなって、切りべら23本では130gに少し足りなくなる。そこはきちんと計量して、お客様に不公平のないようにしている。打ち粉の重さもあるから、最近は、一人分、135g~139gでキッチンペーパーに包む。

それを更に綿の布巾を二重にしいた生舟に入れて冷蔵庫に保存するから、かなり乾燥は防げる。次の日にもお客に出せる蕎麦にするためには、二割の小麦粉の配合にもそれなりの工夫があるのです。今日も15食の蕎麦を用意して、9時過ぎにはもう小鉢の用意を始める亭主。白菜のお新香もちょうど食べ時。甘いのがお好きな方にはカボチャのいとこ煮。大根のなた漬けも用意してあるから、臨機応変に対応が出来る。そして、昨日売り切れたデザートは3種類…。

金柑大福と紫芋大福を包み、そして蕎麦饅頭を蒸かしておくのでした。野菜サラダの具材を刻んで盛り付けたら、鴨せいろ用の小松菜を茹でて、奥の座敷で一服している間にもうお客のご来店。今日は、開店直後から閉店までぽつりぽつりなのだけれど、お店にお客がいない時間がなかったから面白い。一組のお客と話をしながら料理を出し終えれば、また一組のお客が入って来るという具合に、厨房で作る側からすれば、理想的なお客様の入りようなのでした。

だから、混んでいるという感覚もなく、傍らの女将もゆったりと構えている。いろいろ話しかけてくるお客にも、ゆっくりとお答えできるという余裕があるのでした。開店前に「日曜日はお店はやっていますか」と電話をくれた老人夫婦も、1時過ぎには現れて揃って天せいろをご注文でした。ご新規さんとリピーターさんが半々ぐらいの数で、今朝作ったデザートも昨夜仕込んだカレーもカレー蕎麦で出る。鍋焼きうどんを頼まれたご主人共々汗を拭く程の今日の陽気…。

昼になるに従って、そよ吹く風も暖かく、奥座敷で賄い蕎麦の辛味蕎麦を食べているときも、これは春の陽気だと、心地よいひととき。厨房に戻れば、もう次のお客のご家族連れがいらっして女将がお茶を出しているから、嬉しい限り。今日も大福をお持ち帰りになるお客さんがいらっした。蒸し立ての蕎麦饅頭は熱いうちに急速冷凍で保存する。2時を回ったので、お客はいらっしたけれど暖簾を下ろさせてもらって片付け物を始める。暖かくなったのでお客も増えた。

いつもこんな具合だと嬉しいのですが、こればかりはまだまだ読み切れない。女将と二人で家路をたどり、亭主は釣り銭を用意するために車で出掛けて行く。夜の営業までに、パソコンに向かって売り上げデータの入力と、今日の写真の整理を済ませ、このブログも書けるところまで終わらせておく。今日は親子丼の具材がすべて出尽くしたから、夜はこの仕込みをしなければいけません。冷蔵庫にある食材の中から、酒の肴でも何かみつくろって準備しておこうか。

ブログも途中で4時を回ったから、午後の紅茶を入れてもらって蕎麦屋へ出掛ける亭主。お茶受けは、今日作ったばかりの金柑大福。やはりこれは美味しい。氷糖蜜の甘さはとても上品で食べた後に甘さが舌に残らない。日本酒の味わいで言えば切れがいい心地よさ。金柑の甘露煮の甘酸っぱい香りが、白餡のふくよかな味わいと共に口の中に広がる。大手亡豆(白いんげん) と、金柑の甘露煮はまだストックがあるから、白餡だけ作っておけば来週も出せそうです。

今夜はお客が来なかったから、親子丼の具材を煮込んだり、洗濯物を干したり畳んだり、再来週分の返しを作ったり、すべて独りでこなす蕎麦屋の仕事のお蔭で、随分と気が長くなったような気がするのでした。いつも「あれをしておかなければ、これを先に終わらせてから…」と、年老いた脳の活性化にはかなり効果的には違いない。明日はまた寒さが戻ってくるというけれど蕎麦はどれだけ打てば好いものなのか。午後から女将と城址公園の河津桜を見に行こうか。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.