春めいて…

未明に目覚めて注文伝票や店置きパンフレットがなくなっているのを思い出して、パソコンに向かって印刷を開始する。床の中ではpekoの寝息が聞こえる。昨晩は早い時刻に「もう寝るか」と言えば、廊下を駆けだして亭主よりも早く床に潜り込んで眠っていたのに。陽の昇るのが早くなっから、明るくなってもまだ散歩に出るには早い時刻。車で煙草を買いに出掛けたついでに、蕎麦屋へ寄って今日の蕎麦汁の出汁を取る。混んだ日の翌日は仕込みも多いのです。

7時過ぎ、pekoの散歩に出掛けるのに帽子も手袋もいらない暖かな朝なのでした。ご近所の梅の古木に椋鳥が一羽。家の金柑の枝でもしきりに実を囓る椋鳥が部屋の中から見えた。「森に食べる餌がないのかしら」と女将は言うけれど、ムクの木の実を食べるばかりじゃないだろうというのが亭主の見解。本来、雑食のはずだから、虫の出ない時期には、果物の実や種を食べるのではないだろうか。それにしても梅に鴬という構図はなかなかお目にかからない。

今朝も元気に蕎麦打ちに精を出す。今日は風もなく暖かな一日らしいから、きっとお客も来るに違いないという予想は大当たり。お客は昨日に引き続いて、ご近所の新築の工事現場で黙々と作業を続ける大工さんが一番手。果たしてその後に、続々とお客がご来店なのでしたが、鴨せいろが随分と出た。そして驚いたことに、今日はデザートの金柑大福と蕎麦饅頭が売り切れる。白餡や金柑の甘露煮の作り方を説明すると、私も私もと、注文が入るから嬉しい。

野菜サラダもカレーも今日は昼のうちにすべて出払って、天麩羅の具材も、カレーの具材もなくなったから、暖簾を下ろした後で、隣町のスーパーまで仕入れに出掛けたのでした。遅い昼飯にはコンビニによって菓子パンを買い、車の中で牛乳で胃の中に流し込む…。本当はこれが一番身体に良くないとは分かっているのだけれど、まあ、たまには好いかと、パンの袋の添加物表示をしっかりと読む亭主。雲が出てはいるけれど、午後の空はまさに春めいていた…。

そのまま蕎麦屋に行って早く仕込みを開始しようと思っていたら、朝が早かったせいか急激な眠気に襲われて、夜までもたないと家に帰って仮眠を取る。即、爆睡…。開店30分前を告げる携帯のアラームがけたたましく鳴って、初めて我に返る亭主。女将は昼の蕎麦屋の仕事の後で、スポーツクラブへ出掛けていなかった。大釜の湯を沸かすのには40分はかかるから、仕入れた食材を両手でぶら下げて、急いで蕎麦屋まで出掛けて行くのでした。足取りは重い。

このところ、土日の夜はお客が来ない日が多いので、カレーの材料を刻んでさあ仕込みに入ろうと思っていたら、まだ明るい時間に駐車場に車が入ってきた。若い男性客が鴨せいろと天麩羅のご注文。少し時間がかかるからと蕎麦豆腐でも食べていてくださいとサービス。天麩羅を揚げて、葱と鴨を焼いて、やっと蕎麦を出し終えたところで、「若いお客で鴨せいろを注文なさる方が多いのですけれど、やっぱりお肉を食べたいのかな?」と、お客に話しかける亭主。

「そうですね。でも、僕は蕎麦屋へ行ったら鴨せいろを食べることが多いんです」と、真面目そうな青年が話に応えてくれるのも嬉しい。カレーと明日の温かい蕎麦の汁を仕込んだ後は、カレーが冷めるまで家には帰れない。女将に電話をして夕食は店でカレーライスを食べていくことにして、洗い物を片付けるのでした。大釜の湯を空けて7時を少し回った頃に電話が鳴って、「もう、終わっちゃったですかね?」「ご免なさい。7時までなんですよ」と応えるのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.