今日は北風が冷たく…

春先の陽気の常だけれど、昨日までの暖かさは何処へやら。店の小さな花瓶に挿した梅の花だけが、薄桃色に咲いているのが嬉しかった。今日は毛糸の帽子と皮の手袋をして出勤した亭主。お隣の若い奥さんと顔を合わせて「今日は寒いですね」と朝の挨拶を交わす。米を研いで炊飯器のセットをしたら、今日も気合いを入れて蕎麦打ちに励む。昨日の夜の蕎麦も残っているけれど、今日一日の営業には足りないから、また蕎麦を打てる喜びと共に蕎麦打ち室へ。

寒さのせいか、加水の分量を間違えて、水回しをしているうちに、「おやっ」と水の分量が少し多いことに気づく。最近はいつも1kgの粉に対して460gの加水で打っているから、今日は半分の粉の量なのに、260gの水を加えてしまったことを思い出すのでした。30g分の水の多さに対して、蕎麦粉と小麦粉をどれだけ増やしたらいいか、すぐに計算機ではじき出して粉を加える。危なかった。無事に打ち終えて包丁切りまで進むと、切りべら25本で細い蕎麦が仕上がる。

やはり、打つ量が少ないと、どうしても生地を薄く伸してしまうのでした。今日は打ち粉が少し多かったから、一人前140g弱で6人分を打って、昨夜の残りと合わせて11人分の蕎麦を用意する。週末ならばこれでは到底足りないのですが、定休日前の月曜日は、売れ残っても困るから、今日は北風の吹く寒さだからこれで十分という判断。ごく稀には、珍しく店が混んで1時前に売り切れの看板を出すこともあるけれど、本当にお客の入りを読むことは難しいのです。

去年の今頃は、平日でももっと沢山の蕎麦を打っていた気がするけれど、少しずつ回復してきたとは言え、まだまだお客は少ない。2月最後の営業日を終えてみたら、売り上げは昨年に比べて35%減。1月に比べれば、10%増のお客の入りなので、昨年度の前月比よりもかなり向上はしているのです。リピーターのお客様やご新規さんもかなり増えているから、明るい兆しだとは思います。暖かくなれば、蕎麦を食べに来るお客も増えるのでこのまま3年目を迎えたい。

開店前に、賄い蕎麦にかき揚げと天かすを載せてぶっかけ蕎麦を食べる。今日も開店一番にはいつもの常連さんがいらっしてくれて、まずはいつものようにビールのご注文。付け出しにお新香や煮物の野菜類を出しても決して食べないので、今日は板かまと枝豆をお出ししたら、枝豆だけは綺麗に残されて、天丼セットのご注文。天麩羅に入った野菜は全部食べてくださるからこれがまた不思議なのです。毎日、違ったメニューを頼んでくださるから、出す方も楽しみ。

そのうちにリピーターの女性客がお一人で見えたかと思うと、「あと二人来ますので…」と、どうやら蕎麦屋で待ち合わせらしい。3人揃ったところで、「ぶっかけ蕎麦が美味しいわよ」と聞こえてくるから、さすがは主婦目線で、お安くて美味しいメニューをご存じなのでした。亭主からすれば冷たいぶっかけ蕎麦がお薦めなのですが、北風の寒い日だったから、全員温かいぶっかけ蕎麦のご注文。皆さんゆっくりと寛がれて、和やかなひとときを過ごして行かれたのでした。

今日はプールがお休みなので、ブログを書きながら、ピュアモルツのウイスキーをお湯割りにして、厚揚げの焼いたのに辛味大根とぽん酢をかけて身体を暖める。女将が夕刻のpekoの散歩に出掛けると言うから、上着を着込んで帽子と手袋をして寒空の下を歩いて来ました。この寒さの中でも、送電線のは張り替え作業は続いているらしく、100mの鉄塔の上で作業をしている人たちの姿が見えました。夜は鴨鍋にでもしようよと言いながら、家に戻る二人でした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.