暖かな雨風の中を…

一雨降り終えた暖かな朝でした。夕べは午後のプールが効いたのでしょうか、9時過ぎには床に入ったのに、今朝は6時半起き。人間も自然の中の生き物だから、心地好い疲れや気温でリラックスできるのかも知れません。pekoの散歩に出掛ければ、畑の中に倒木だとばかり思っていた垂れ梅の木が、見事な花を咲かせているのでした。自然の中の生き物は、やはり季節の推移を敏感に感じ取っているのだと思わずにはいられませんでした。pekoも今朝は元気。

朝食を済ませて散歩から帰ったら、長椅子で寝っ転がって腹出しのポーズをしたかと思うと、定位置の自分の椅子に座ってどこか威張った顔つきなのです。女将が食後のデザートにリンゴを剥き始める気配に、台所に走ってワンワンと吠える。「結局は自分より弱い者のところに何でも言ってくるのよね。犬まで吠えれば言うことを聞くと思って」と悔しがる。これは大家族で暮らした時代に、いつも家族からいろいろと注文が多かった彼女の一種のトラウマなのでしょう。

「何を吠えているんだよ」と、リンゴを囓りながら、居間に戻って「pekoこっちだよ」と亭主が呼べば、どっちに行こうかと悩んでいる様子だから可笑しい。早めに蕎麦屋へ出掛け、米を研いで炊飯器をセットしたら、蕎麦を打つ前に金柑大福の下ごしらえをする。冷凍しておいた白餡を解凍し、金柑の甘露煮は蜜の水分を取るためにキッチンペーパーに載せて、ラップをして冷蔵庫で保存するのです。注文があれば求肥で包んでも好いけれど、明日の分の仕込みです。

蕎麦は1kg11人分を丁寧に打って、切りべら23本で一人前135g前後。このところ随分と安定した包丁切りが出来ているから、楽しくてならない。今朝は蕎麦打ち室の気温と湿度がいつもより高かったので、46%の加水で打ったら少し柔らかめに仕上がったのですが、打ち粉を打って無事に伸し終え、一人分ずつを生舟に並べていくのでした。雨風が強くなりそうだったから、こんなには出ないだろうとは思ったのですが、お客の入りは本当に分からないものなのです。

開店直後に常連さんご夫婦がいらっしたてゆっくりと寛いで話をしていかれたと思ったら、ゴルフの練習帰りだという男性客のご新規さんが、辛味大根のおろし蕎麦をご注文で、「今度は夜に飲みに来ますね」とおっしゃって帰って行かれる。市内のだいぶ遠い所の方だというのに、奥様とショッピングモールにはよく買い物にいらっしゃるからとかで、少しは霊犀亭の雰囲気が気に入って頂けたのかも知れない。その後も隣の市からの常連さんがご夫婦でのご来店…。

こんな雨風のひどい日だというのに、閉店時間近くまでお客がいらっしゃるから不思議なことなのでした。カレー蕎麦をご注文の女性客のお二人連れのご新規さんもいたりで、生舟の蕎麦はほとんどなくなっていたから驚きなのでした。野菜サラダは珍しく完売で、デザートには蕎麦饅頭が出た。折角仕込んだ抹茶プリンは明日までのご提供の予定だけれど、明日のために用意した金柑大福はどうしようか。明日は天気も良く風もないと言うから期待できるのだろうか。

今日のサラダの野菜切りは、いつもと違ったキャベツの切り方をしてみたのです。平日は一度に3~4皿分だけの分量だから、最初は外側の葉だけを剥いて、家庭でやるように丸めて千切りで済ませていたのですが、それだと青い葉の部分が日に日に黄色い葉の部分になって、見てくれが好くない。調理師学校でやっていたように、初めから丸のキャベツを1/6にカットして、硬い芯の茎の部分は包丁で薄く削ぐ。そして斜めに千切りにすれば、毎日同じ色で切れる。

レタスにキャベツ、紫玉葱と赤と黄色のパプリカ、ニンジンに貝割れ大根、キュウリとトマトとキウイの10種類がこのところの野菜サラダの盛り合わせ。サラダボールの青地が見えて、なおかつそれぞれの具材の色が見えるように盛りつけを考えたのですが、果たして今日はカウンターに並べたサラダが全部売れたから嬉しい限りなのでした。健康志向の昨今だから、美味しそうに見えて食べやすければ、値段は250円なので、お手頃なのではないかと思うのですが。

この時期の蕎麦屋のミニガーデンには、辛味大根が少々と、もう薹が立ってきた春菊、そしてミックスリーフのサラダ菜が残っているだけ。九条葱はまだ少し取れるまでに時間がかかりそうなのですが、レタスを使うようになってサラダ菜を採らないでいたら、何時の間にか大きくなって、そろそろ食べ頃なのにと自己主張しているから自然の不思議。ベビーリーフを間引きしたものを一本一本離して植えてやったらこんなに立派に育ったのです。美味しそうな色相です。

片付け物を早めに終えて家に帰る頃になって、やっと風も雨も止んできたのでした。青空も覗いて薄陽も差してきたから、暖かい午後。二月もあと5日で終わりだから、もう少しお客が来てくれると嬉しい。そんなことを考えながら家に着くと、女将はまだ稽古場に籠もって、真剣そのもので条幅に向き合っているのでした。そっと邪魔をしないように亭主も書斎に入り、パソコンに向かって今日の売り上げデータの入力と写真の整理を済ませる。それからがブログ書き。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.