まだ春は遠いのか…

寒い朝でしたが、青空が広がって陽が差していたので気分は上々。ご近所の紅梅も今が盛りと綺麗に咲いているし、これからは春の花々が楽しみなのでした。定休日2日目もいつもと同じ時刻に家を出て、蕎麦屋の厨房で鰹節のふりかけを作る作業を続ける亭主。隣町のスーパーの開店時刻になると、お袋様に電話をして、二人で定例の買い出しに出掛けるのです。一人暮らしでも、毎食毎食、きちんと自分で食事を作るお袋様は、さすが、昔取った杵柄なのです。

今日はレンコンと鶏挽肉の挟み揚げを初めて作ってみようと思うのだと、値の張る蓮根を二つも買って、一つは金平にするというから、立派なものです。80歳をとうに過ぎたというのに、新しい料理にチャレンジする気持ちは、見習わなければならない。定休日に蕎麦屋で何日分かの仕込みをする亭主は、相変わらずの休日出勤だから、気持ちもやや疲れてくる。毎日、閉店後に仕込みをすればいいのだけれど、長い時間働き続けるのはやはり心身共に疲れる…。

結果として、定休日にまとめて仕込みをしておいて、後は五日間の営業でお客が多ければ、その都度作り足すというパターンを繰り返している。土日の暇な夜なども、翌日の仕込みに時間を割いているから、仕込みそのものには元来随分と時間がかかるのです。今日は昼前に天麩羅の具材やかき揚げの野菜を刻んで陽気に入れて、女将がスポーツクラブから帰る時刻までには家に戻って昼飯の用意をする。久しぶりに骨付き豚肉のステーキと洒落てみました。

豚肉以外はすべて先週の蕎麦屋で残った野菜で、付け合わせとコンソメスープに利用した野菜サラダも、定休日のうちに消化してしまわなければならない食材なのでした。デザートは昨日買って帰ったポンカン。果物好きの女将に似て、pekoが俄に騒ぎ出すから困ったものなのでした。食休みをして、今日は隣町のプールへ出掛ける予定の日。何時の間にか外は曇り空になって、気温も低い午後なのでしたが、家から車で10分の所にあるプールは空いていた。

写真奥の二階建ての建物がプール棟で、公共の施設にしては立派なもの。吹き抜けの丸天井はガラス窓になっていて、空が見えるのが斬新な設計なのでした。更衣室には入れば、何処かのお爺さんが、「あんた、2時から消防訓練だからあと20分しかないよ」と親切に教えてくれた。「私は20分あれば十分なのですよ」と、いつものアップ400mを10分で泳ぐ。十分に身体も温まったところで、避難訓練のサイレンが鳴り響くから、おもむろに着替えを済ませて退館。

一旦家に戻って車をガレージに入れたら、今度は歩いてそば屋に出掛け、午後の仕込みを続ける亭主。鰹節のふりかけはまだ出来上がらない。やっと水の上がった白菜の漬け物を漬けもの器に映して、昆布や柚子、唐辛子を入れる。大根のなた漬けも少しばかり作って、昨日仕込んだカボチャの煮物と切り干し大根もあるから、またもや小鉢の具材は多すぎる。最後に厚揚げ田楽の肉味噌を煮込んで、洗い物を済ませたら今日の仕事は終了。早々に引き上げる。

明日は朝から雨の予報だから、現実はなかなか甘くない。蕎麦は1kg11人分も打てば十分だろう。定休日前の最終日がお蕎麦売り切れだったので、この二日間、蕎麦を食べなかったから、賄い蕎麦二は久しぶりにかき揚げと辛味大根の入ったぶっかけ蕎麦を食べたいものです。夜になって女将がにこにこと書斎に現れたから、何かと思ったら、娘から電話があったのだという。お袋様からもらって、孫に送った手編みのセーター類が届いたという電話らしい…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, 運動・健康. Bookmark the permalink.