季節は春に向かっている…

薄日の差す1日でしたが、時折、青空が広がって、「寒いですね」とは言いながらも、やはり少しずつ暖かい春に向かっているのかと思う陽気なのでした。昨日の蕎麦がほとんど残っていなかったので、今朝も1kgの蕎麦を打ち、切りべら23本で135g前後で11人分をきっちり取ることが出来ました。やはり最近の平日はこれ以上は蕎麦が出ない。亭主の目標としては、もう少しだけ、お客が入って欲しいところなのですが、こればかりはじっと我慢のしどころなのでしょう。

今日は仕込みもあまりなかったせいか、11時には準備を終えて、開店を待つばかり。やり残していることはないかと、もう一度点検してみると、白菜のお新香がそろそろ食べ時になってきているのではないかと、取り出してみるのでした。味見をしたら、この2、3日が食べ頃だろうと、小鉢に盛って並べておく。昆布の旨味と唐辛子の風味と柚子の香りがとてもいい感じなのです。やはり、このほの甘い状態の時に、店のお客様には、食べてもらいたいと思うのです。

西から吹く風は冷たいけれど、雲の切れ目から陽射しが出ると耐えられないほどの寒さではないのです。いつもと同じように野菜を刻んだサラダを盛り付け、奥の座敷で一服する亭主。デザートは昨日仕込んだ抹茶プリン。希望があれば蕎麦饅頭も出せるから、金柑大福は明日出すことにして、後はお客の来るのをただ待ち続けるだけなのです。昼前に一人二人お客が来てくれると嬉しいのですが、昼を食べたい時間は皆さん同じ時間帯なので、店が混雑する。

今日も、近所で作業をしている大工さんがいらっしてカウンターで注文をしたと思ったら、もう次のお客さんが店のガラス戸を開けて、「いらっしゃいませ」と出迎える亭主。続けて作業服を着込んだお二人さんがテーブル席に座ったと思ったら、ご夫婦のお客が車でいらっしゃる。という具合に、1時までの間にぞろぞろとお客が入るので、厨房は大忙しなのでした。天丼、親子丼と、蕎麦と丼物のセットものが続けざまに出るから、あっという間に味噌汁がなくなってしまう。

天せいろを頼まれたカウンターの男性客が、「辛味大根をもらえますか」とおっしゃったので、待っていましたとばかり亭主が大根の皮を剥く。皮の部分をあまり厚く剥きすぎると辛味が落ちることが分かってきたので、皮は薄く剥いて一挙にすりおろす。果たして、「これは辛いねぇ。でも美味しいや」と、笑いながら満足そうにお客が帰っていくからほっと胸をなで下ろすのです。粉から溶いて作っている蕎麦湯は皆さん綺麗に飲んでくださったから、これも嬉しい限り。

忙しいとは言っても昼の1時間だけだから、洗い物も溜めずにどんどん片付けていく。あともう2、3人お客が来てくれると好いのだけれどと、入れ物が空になった天麩羅の具材を新しく仕込んで準備するのでした。でも、今日も真昼時だけの賑わい。「ご馳走様でした」と帰って行くお客に、「有り難うございました。また宜しくお願いしまぁ~す」と厨房から声をかけて、店の壁の時計を見れば1時ちょっと過ぎなのです。昼時は電話にも出られないほど忙しいというのに。

それでも、平日の二日間、真冬の寒い時期と比べたら、思ったよりもお客が入ったから、これで好しとすべきなのだろうと暖簾を下ろす。今日もほとんどがご新規さんだったから、明日に向けては好い傾向なのではないかと考え直す。女将のいない家に戻り、居間で昼寝を決め込んでいるpekoに「ただ今」と言って、そのまま書斎に入るのでした。売り上げデータの入力と今日の写真の整理をして、ブログを書き終えたら、今日はこれからプールへ出掛けるつもりです。

隣町の温水プールに出かけて見れば、プールはいつになく人が多くて賑わっていました。亭主の泳ぐコースは、25m完泳の一方通行なので、人が多くても他の人のスピードに合わせて泳げば50m泳げる仕組み。速さを競わなければ、プールの底に引かれた中央線に従って広々としたコースでゆったりと泳げるから、素晴らし環境なのです。バックストロークで泳げば丸天井のガラス窓から夕焼けの空が見える。何も考えずに黙々と水の中で過ごすひとときは至福。

雲が流れる夕焼け空を見ながら家路につけば、今日一日の蕎麦屋での営業が思い出されて明日はどうだろうかと楽しみになる。屈託のない一日を過ごしてご機嫌の亭主は、美味い酒を飲んで女将と夕食の時間を共にするのです。寒い一日とは言っても、このところ、毎朝霜も降りていないから、やはり春に向かう暖かさ。夕べはYouTubeで懐かしの音楽を聴いてから床に就いた。今日は料理雑誌が届いたので新しい料理の写真と解説を読むのが楽しみな夜です。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.