うららかな一日…

夕べ泳いだプールの水が、本当に久しぶりに暖かいと感じました。400mのアップ練習に加えて、フィンキック、四種目泳など、春のダイビング遠征前から、筋力・持久力強化のために少しずつ距離を伸ばしているのですが、水から上がるともう汗が出るほど。やはり、外気温もかなり上がってきたのです。今日も朝から青空が広がって、pekoとの散歩で通る道々に春の景色が広がっているのでした。我が家の庭にも雪柳や連翹の花が春らしい趣を添えています。

お隣の家との間に植えた二本のスモモの木にも可愛らしい花が開いて、今朝の青空に映えています。定休日の一日目の予定は、まずは女将をお稽古に送る前に床屋へ出掛けること。ひと月振りに店の親爺様と世間話をしながら、例によって商売の秘訣のあれこれを示唆してもらう。若い頃から職場の年上の先輩たちが多い環境に育ったせいか、年長の人の言葉はすんなりと心に響くから不思議です。蕎麦屋の店置きのパンフレットが床屋の壁に貼ってあった。

床屋に来る常連さんが、親爺様のところに持って来たのだと笑いながら話してくれました。有り難いことで、世間は狭いものです。床屋の帰りに銀行へ寄って、その帰り道、隣町のスーパーまで車を走らせる。お袋様と出かける仕入れは明日なのですが、いつも沢山あって買い忘れるから、少しでも事前に買えるものは揃えておくのです。天麩羅の具材の生椎茸なども、新鮮な物が出ている時はその日に買っておくのがいいと、食材を選ぶ目付きも大分できました。

昼前に女将を送り届けて、蕎麦屋へ戻る帰り道には、道ばたの桜をカメラに収めておくのでした。ソメイヨシノはまだ早いけれど、種類の違う早咲きのものが、春の雰囲気を醸し出しているのです。遠くの森の木々も新芽が出て柔らかな春の色、女将を迎えに行くまでの間に、買った野菜類の収納、ミニ菜園の辛味大根やラディッシュの新芽の間引きや水遣り、来週分の返しを作り終え、天麩羅油を凝固剤で固めて捨てる準備をしたら、開店祝いの粗品をラッピング。

隠居生活というものは、毎日毎日、その日の予定があるからこそ、退屈もせずに暮らせるのかも知れないと、つくづく思う。何やりたいことがあって、自分で思い描く通りの日常を送ることができるのが、隠居の醍醐味なのか。相手のある蕎麦屋の仕事は、その日常に変化を与えてくれるから、じっとしていられないタイプの亭主には、ちょうどいい刺激なのかも知れない。それでも、まだ時間が足りないと思うのは、段々と自分が老いてスローモーになってきたからか…。

This entry was posted in 季節, 日常, . Bookmark the permalink.