再び春の嵐の中を…

今朝は女将が味噌造りに出掛ける日なので、朝食も早めに済ませて蕎麦屋へ行く前に、二つ先の駅前まで送っていきました。年に一度、昔の生協仲間が集まって寒仕込みの味噌を作るのでしたが、亭主も蕎麦屋を始める前は女将と一緒に参加したこともあり、今は自宅で一人で味噌造りをする娘も、以前は、この集まりで教えて貰っていたのでした。調理師が主催するボランティアの集まりだから、大勢で一人10kgの味噌を造るのは一日がかりの仕事なのです。

亭主の蕎麦屋は、お客様にお金を頂いているからボランティアではないので、今朝も糠床から昨夜漬けたキュウリを取り出して小鉢に盛り付け、金柑大福を包んで、サラダの野菜切りの前にコーヒーを入れて一服する。昨日打った蕎麦がしっかりと生舟に残っているから、今日は新しく打ち足さないことにして、万が一、足りなくなったときは、売り切れ御免で勘弁して貰おうと考えているのでした。昨日も随分と残った蕎麦を持ち帰ったから、定休日前の苦渋の決断…。

金柑の甘露煮と白餡は求肥で包むばかりにして冷蔵庫で保存してあったから、白玉粉を氷糖蜜で溶いて餅状になるまで火にかけたら、熱いうちに木べらで少しずつ分けて取り出し、片栗粉をまぶして丸く薄く延ばすのです。これを金柑を載せた白餡に被せてお尻をきゅっとすぼめたらもう出来上がり。熱いうちに手早くやらないと後に作る方が冷めてくるから大変。求肥の分量をだいたい同じにして、餃子の皮のように、丸く薄く延ばす要領さえ掴めば簡単なのです。

今日は先日研いだ洋包丁でニンジンのジュリエンヌ。やはり、包丁が切れるということは素晴らしい。調理師学校では人参一本を全部刻んだのでしたが、蕎麦屋で出す野菜サラダにはほんの少しだけで十分。レストランの厨房などで働く調理師は日にどれだけの量をこなすのか。彼等は瞬く間に腕を上げるはずだから、亭主もせめて毎日真剣にこの作業を続けたいと思う。亭主の水泳のようなもので、忘れないように続けるだけでは決して上達はしないのでしょう。

野菜サラダも平日は器に盛るのは3つだけ。野菜はもう少し多く刻んであるから、足りなくなったらまた盛り付ければいいようにはしてあるのだけれど、蕎麦屋でサラダを注文するお客はそう多くはないのです。いつかこのサラダと鴨肉のソテーなどを洋皿に盛って、クラッシカルなオレンジソースで食べて頂くというのが亭主の夢。たまにはフレンチの夢はいまだ消えずというところかな。調理人も作らなければどんどん調理法を忘れてしまうから、夢に見るだけでもいい。

昼になるにつれて風は強くなるばかり。これが天気予報で言っていた春二番なのかと、今日もお客は望めないかと思っていたら、開店直後に常連さんが息子さん夫婦を連れてのご来店。「風の強い中を有り難うございます」と亭主が言えば、「蕎麦が食べたいと言うから連れてきました」と嬉しい言葉。辛味大根をサービスでお出ししたら、「これはなかなかきますね」と息子さん。寛いでいただいただ昼のひととき、明日は定休日だからデサートのお汁粉も大サービス。

突風の吹き荒れる今日はそろそろお客もお終いだろうと奥の座敷で休んでいたら、この風の強いのに送電線の上では作業をしている人たちがいる。二軒隣の空き地にも、新築の家が建つ気配。蕎麦屋の周りもどんどん家が建って、賑やかになるだろうと楽しみなのです。と、店の駐車場に車が入って、三人連れのお客さん。鴨せいろの大盛り三つと生舟に残った最後の蕎麦を取り出し、鴨肉を焼く亭主。お客の入りはなかなか分からない。売り切れの看板を出す。

昨日あれだけ天気が良くてもお客がなかったのに、今日はこれだけ風の強いのに、お蕎麦が売り切れだから、まさに予測は不可能。女将から電話が入って迎えに行った帰りに、ガソリンを入れて蕎麦屋に寄って、確定申告と女将のお稽古の送迎、天ぷら粉の引き取りと、明日の支度に怠りはない。天麩羅の具材が沢山残ったから、家に持ち帰って夕食に焼いて食う。最高級の椎茸はやはり焼いて食べた方が美味しいかも。悲喜こもごもの一週間なのでした…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.