確定申告のドライブ日和…

夕べは書き上げた確定申告書を国税局のホームページでのパソコン入力に挑戦。休日は混雑しているようで、途中でフリーズしてしまった画面もすんなりとクリアして、無事に印刷までこぎ着けたのでした。となると、もしかして今日は、長蛇の列の申請相談をパスして、書類を提出するだけで済むかも知れないと思うと、朝早くから会場に向かう心も軽いのでした。年に一度行くだけだから会場まではカーナビが頼りで、通勤時間帯の渋滞でどこも車の列なのでした。

果たして、1時間もかけて会場に着けば、もう沢山の人が並んでいたのですけれど、「提出するだけの人はこちらに進んでください」という係員の案内で、誰もいない通路を進んでいけば、「はい、これでけっこうです」と、なんとものの1分で終了なのでした。申請相談の列に並んだ去年の3時間待ちは一体何だったのだろうかと、何事も要領を飲み込んで慣れていくことの大切さをしみじみと思うのでした。お蔭で、天ぷら粉を頼んだ問屋へ寄ることが出来て時間も節約。

今日は女将のお稽古もあったから、帰りが間に合わなかったら電車で行ってくれと言ってあったのですが、「えっ、もう終わったの?」と、去年は一緒に来てくれた女将も電話口で驚いていました。帰り道に隣町のスーパーにも寄って、家の食料や果物を買い込んで、家に戻って久しぶりにチャーハンを作る余裕もあったのです。空の青さも竹の緑も心がすうっとするほどの心地よさ。3年目の蕎麦屋の経営もこんな具合にいつの日か軌道に乗る日が来るのでしょうか。

いくつか丘を越えて市の中心まで来れば、もう団地の駅前の高層マンションが遠くに見える。JRの駅前の渋滞を抜ければ、広い田園地帯に出るのです。あと一つ丘陵地帯を越えれば、団地のある丘に着く。昼飯を食べ終えて一休みしたら、今度は女将を乗せてまた30分のドライブです。走行距離は合計100kmを超えて、考えたら、今日は随分と長い時間、車を運転していたのでした。帰り道に西の隣町のスーパーに寄って、新鮮な野菜やシイタケを仕入れてくる。

女将から迎えの電話が入るまでに、白菜を樽に漬けたり、カボチャの煮物と切り干し大根の煮込みを火にかけたり、1時間ほどで仕込みを終えたら、コーヒーを入れてやっと一休み。明日の出汁取りの準備をして、それでも時間があったから、使い終わった削り節を凍らせてあるのを解凍して、大鍋でふりかけ作りの準備。これは一日では到底終わらない仕事だから、4時を回る頃に火を止めて、連絡はないけれど道が混む前にと、女将を迎えに出掛けるのでした。

 

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.