うららかな春の日和なのに…

夜のうちに降った雪も朝日に溶けて、蕎麦屋の周りの畑はほんのりと雪化粧。今朝も未明から起き出して確定申告の最終段階。減価償却費の計算というのがなかなか分かりづらかったのですが、手引き書をよく読めば何のことはない。要は、目が悪いから小さな文字をしっかりと読むという習慣がないので、細かな解説を飛ばし読みしていただけなのでした。同じように細かな文字を読んでいくと、すらすらと計算が出来る仕組みになっている。これで無事に完成。

pekoの散歩の時間になっても、亭主が書類書きをしているものだから、女将が散歩を代わってくれて、定休日には書類を提出ができると自慢げに話すのを笑いながら聞いている。今年は書類のコピーもしっかり取ったし、来年こそは郵送で済ませられるかも知れない。パソコンで送ることも出来るから、先が楽しみなのでした。いつもの時間に家を出て、今日は天気も好いし、風もなさそうなので、沢山お客が来たら困るからと、朝から蕎麦の出汁を取るのでした。

それでも風は冷たいから、温かい蕎麦の汁もしっかりと温めて味見をしておく。作ったばかりの汁は鰹の風味が強く、一晩寝かした汁よりも二晩寝かせた汁の方がコクがあると感じたから、温かい蕎麦の汁、天つゆ、天丼の汁などと、色々に使い分けるのがいいと再認識するのでした。蕎麦豆腐も昨日のうちにだいぶ出たので、新しく作り足しておく。昨日仕込んだお汁粉は注文が入ってから白玉団子を作ることにして、やっと今日の蕎麦打ちにかかることができた。

いつもより30分遅れで蕎麦打ち室に入ったけれど、750g8人分を打てば昨日打った蕎麦と合わせて夕刻の営業まで足りるだろうという計算です。焦っているわけではないのに、四つ出しの時に厚さが均等に出来なかったのか、本伸しで生地を均等な厚味にしていくと、いつもより少し長めの生地になった。畳んで切り始めると包丁の長さ一杯一杯だったから、今日は切りべら20本で一人前135gになる。一本の蕎麦の長さが長めになるからその分重さもあるのです。

いつもと同じく10時過ぎには蕎麦を打ち終えて、後は野菜サラダの具材を刻むだけ。天麩羅の具材も切り足しておこうか。昨日は途中で足らなくなって、調理をしながら具材を切ったのだけれど、まな板や包丁を出したりしまったりする手間が省ける。まな板はできるだけ使い終わったらその都度消毒をしているから、洗い物が溜まったときにはたいそう不便なのです。そんなことを考えながら、定刻に暖簾を出したのだけれど、昼になってもお客の姿はない…。

休日は出足が遅いからと、ぶっかけ蕎麦に辛味大根を添えて、美味しく賄い飯を食べたけれど、それでもまだお客の来る気配がないから不思議。日曜日に誰もお客が来ないと言うことは今までになかったような気がする。傍らの女将もすっかり暇をもてあまして、じっとしていると身体が冷えるからと体操を始める始末。亭主は早々に片付け物を始めて、ラストオーダーの時間には幟をしまって暖簾も下ろす。天気は好いし、陽射しも暖かいのに、こんな日もあるのか。

前日に打った蕎麦は、翌日は使わないことにしているから、夜の営業でお客がなければ、大量に廃棄することになる。家に持ち帰っても食べきれないだろうからと、帰りがけにお袋様のところに寄って汁と一緒に少し持って行く。女将は明日が今年の味噌造りの日とあって、翌日の提出の締め切りに向け、一目散で家に帰って稽古場に入った。結局、暇だったのは亭主ばかりなのか。午後の暖かな陽射しを浴びながらゆっくりと家路をたどる。ジリジリと暑いくらいだ。

書斎に入ってメールチェックやブログの写真を整理していたら、二時間ほどの休憩時間はすぐに終わってしまう。夜の営業もあまり期待は出来なかったけれど、とにかく大鍋の火を点けてお客を迎える準備だけはしておく。日の暮れるのが遅くなったらしく、開店時刻にはまだ外が明るいのでした。出汁巻き卵を焼く練習をしたり、糠味噌に胡瓜を漬けたりして時間を潰すのでしたが、やはり夜もお客は来なかった。早めに暖簾をしまって星の綺麗な夜道を帰る…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.