定休日も仕込みに追われ…

眠り足りない定休日の朝も、気合いを入れてpekoの散歩と朝食を済ませたら、いつもと同じ時間に家を出て、団地の西の外れにある農産物直売所に新鮮な野菜を仕入れに出掛ける。昼には女将をお稽古に送らなければならぬから、仕入れと午前中の仕込みとで2時間が勝負。採れたての白菜と大根がまだ出ていたから、一番大きなものを選んで早速ゲット。ご近所の主婦たちも早い時間に買いに来るらしく、少し遅れるともういい品物がなくなることもあるのです。

蕎麦屋に戻って昨日の洗い物を片付けながら、午後の出汁取りに備えて、大鍋に水を汲んで昆布と干し椎茸を浸しておく。そして、ニンジンや小松菜を冷蔵庫に入れたら、白菜を切って荒塩をまぶしながら樽に漬けていく。もう慣れてきたから、塩の分量を量ったりはせずにすべて目分量。大根も丸ごと一本分を短冊切りにして、塩を振りながら漬けもの器に漬ける。さすがに新鮮だから、みるみるうちに水が出てくるではありませんか。これだけは他では買えない。

時計を見ながら午後の仕事の準備をしておいて、家に戻ってまた昨日の残りの蕎麦を食べる。朝に続いて辛味大根を摺り下ろし、額に汗をかきながらスルスルッと蕎麦を啜るのは、やはり気持ちがいい。食休みには書斎にpekoを連れて、陽の当たる窓辺に寝せたら、発注した食材がちゃんと受け付けられているかとメールチェック。最近は、このブログのコメント欄に海外からのスパムがやたらと多い。この間、タイトルに英語を使ったのがいけなかったのか…。

「モデレートしてください」とやたらに多くのメールが来るようになったから、さすがに設定をし直すことに。商業目的や悪意のあるコメントは相手をするのも労力を要するのです。友達を選べるSNSと違って、全世界に発信されてしまうから誰が見ているのかも分からない。コメントは亭主の承認がなければ外には出ないので、今まではスパムコメントを水際で削除していたのでした。そうしている間に女将を送る時刻になって、週に一度のロングドライブに出掛けるのです。

女将を送った帰りには例によって隣町のホームセンターとスーパーに寄って消耗品と食材の仕入れを済ませるのでした。混んだ翌週はないものだらけだから、いつもよりも沢山買い込んで仕分けと収納が大変なのです。椎茸と葱や胡瓜、パプリカ、キャベツ、レタスと、特売日なのかいろいろ新鮮なものが手に入ったし、なんと季節の終わる金柑が格安の見切り処分。再び蕎麦屋へ戻って、迎えに行くまでの2時間余りが午後の仕込みの制限時間はまた違う忙しさ。

出汁を取りながら柚子の皮を削いで、すっかり水の上がった大根を麹で浸けていく。味見をしながら塩と砂糖を加えたら、柚子皮の千切りと京唐辛子を混ぜて来週分の小鉢の出来上がり。定休日明けは暖かくなると言うから、蕎麦汁や暖かい汁は多めに取っておかなければならないし、返しの甕の一つが空になっているから、新しく返しを作らなければならないのでした。出汁を取っている最中に女将からの電話で、今日は珍しく早く終わったと言うからさあ大変。

二番出汁まで漉し終えたら、車を飛ばして30分。ちょうど女将が歩いて通りに出てくるところなのでした。夕食の用意を何もしていないと言うものだから、帰り道のスーパーに寄ってしゃぶしゃぶ用の肉を買い求め、午前中に買ってきたホウレン草とで今夜は簡単に常夜鍋にすることに。亭主は三度蕎麦屋へ戻って後片付けをして、女将はpekoの散歩に出掛ける。夕食後に満足そうに眠るpekoが大分歳を取ったように見えるのは、亭主の老いた眼に写るからか…。

This entry was posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.