平日の営業も再開して…

昨日の日曜は夜までお客が入ったから、蕎麦も蕎麦汁もすっかり足らなくなって、デザートまで出尽くしたのでした。ご家族連れでのお客のご来店は、いちどきに全部違う注文のことが多いから、厨房は大忙しで、一緒に出来る調理をどう組み合わせるかが勝負。お酒を召し上がる方がいれば、単品での注文も次々と入るから、夜の亭主一人の厨房は昼以上にきついのです。それでも焦らずに料理を仕上げて出すのがプロなのだろうと、黙々と作業を続ける亭主。

それでも「ご馳走様でした。近所なのでまた伺います」と、亭主と同年代らしい奥様が笑顔でおっしゃるから、ほっとするのです。蕎麦豆腐も新玉葱と豚肉の串焼きや、お土産用のふりかけとデザートの蕎麦羊羹まで持ち帰りたいとあれこれご注文されるものだから、夜だけで平日なみの賑やかさなのでした。まったく有り難いことです。女将が片付け物の手伝いに来てくれなかったら、疲れた身体はしばらく動けない程の仕事量でした。夜の営業はやはり難しい。

南の島から帰って間もないのに、急に10時間以上も立ち仕事をしたら、もう夜は食事もそこそこに床に就く有様。今朝は定休日前の一日だからと、また蕎麦を打つ亭主。天気も悪そうだったから、蕎麦は少なめに用意して、加水率を47%にしたけれどまだ心持ち柔らかい気がする。46%というのが平均的な加水率らしいのですが、夏場と冬場では随分と違うから、一年間蕎麦を打ち続けたわりに、まだ、これでいいという答えは見つけられないでいる亭主なのでした。

今日は平日でしかも外は雨だったから、あまり期待はしていなかったけれど、なんと11時過ぎから店の前に停まる車が…。さすがに11時では準備も出来ていなかったので、開店の10分前に暖簾を出したら、いつの間にか姿を消した先ほどの車が駐車場に入ってきたのでした。続いて珍しく早々と、ご近所の会社の常連さんがいらっして、車の女性とお二人で、それぞれカウンターで蕎麦を召し上がる。じきにテーブル席も埋まり、平日の割りにはお客が入ったのです。

最後は例によって隣町の会社の方々がご来店で、昨日と同じサラダとマグロ丼のご注文。ご新規さんの多くが、「このお店いつからやっているのですか?」と尋ねられるから、もうすぐ一年になるというのに、まだまだ、知られていないと実感するのです。蕎麦の産地をお尋ねになるお客や、初めてなのに丼物を注文されるお客もいらっしゃるから、打ち立ての蕎麦をしっかり水洗いしてお出しする。蕎麦湯も一つ一つ別鍋で作って差し上げる気の使いようなのでした。

客の来る気配がなくなった頃、早めに暖簾をしまって今日は天麩羅蕎麦と鴨南蛮のメニュー写真を撮影しました。本当は、ちゃんとストロボを焚いて一眼レフで撮ればいいのだけれど、小さなメニューの写真だからと、そこまで準備は出来なかったのが残念。明日からの定休日の間に4月からの新しいメニューや注文票をつくり、お客様に配る記念品を袋詰めして…、やることは沢山あるので、すべて自分でこなすのは楽しいのだけれど、やはり、仕事量が多すぎる。

蕎麦屋の玄関口に咲くアセビが満開になりました。堀辰雄の文章の中に、確か、夕暮れの奈良公園でこの花を見てほっとする場面があったなあと、昔を思い出す。姪の野結婚式の折に、お袋様と女将と訪ねた軽井沢の記念館にもやはりアセビが咲いていたことまで思い出して、疲れた身体を引きずるように家路につくのでした。今夜はプールへ出掛ける日なのですが、家で酒を飲むよりも、身体を動かした方が疲労は回復するのだろうか…。女将ならきっとそう言う。

This entry was posted in 料理, 未分類, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.