またしても満員御礼、お蕎麦売り切れで追い打ちをかける午後…

昨夜の記念パーティーで元気を貰ったからか、久しぶりに会った友人と夜も遅くまで盃を傾けていたのに、今朝も早くから目が覚めてpekoの散歩。蕎麦がすべて売り切れていたから、今日も昼と夜の分の蕎麦を打たなければと、元気に蕎麦屋へ向かう亭主。お客の多い日には、仕込んでおいた食材もほとんどなくなってしまうから、朝の仕込みが大変。今朝はデザートに金柑大福を作る予定だったから、尚更、スピードアップで厨房の中をかけずり回るのでした。

そう言えば、、パリのトゥール・ダルジャンで支配人が厨房を案内してくれたときに、大勢の料理人たちがまるで運動会のように動き回っていたのに驚いた。次は何をするのかと身体が覚えている感覚というのは、まさにこんな感じなのかとその光景のデジャブでも見ているように蕎麦打ち室と厨房を行き来する亭主。今日の蕎麦を無事に打ち終えて、大釜でお湯を沸かしながら、金柑を白餡で包み始めるのです。熱い求肥を木べらで掬って一つ一つ餡を包んでいく。

サラダの野菜を刻もうとしていたら、まだ11時だというのにもう車のお客が駐車場に入って来るではありませんか。「お急ぎですか?」「いや、急ぎません。開店前なのに済みません」と、若いカップルらしいお二人。「まだ、お湯が沸いていないので、ちょっとお待ち下さい」といいながら、注文の品を作り始めるのでした。こんな日は、案外、お客が殺到するんだよなぁと、緊張に胸を弾ませながら、天麩羅を揚げて蕎麦を出す。そして、サラダの野菜切りも超スピードで…。

それだもまだ開店時刻の前だったから、奥の座敷で一休みしていると、リピーターのご夫婦のご来店。「今度来る時はガレットを注文するから」とご主人がおっしゃっていたお客だと分かって、「ガレットははしばらくお休みにさせて貰っているんですよ」と、その経緯を話して差し上げる。チーズやベーコン、ワインもシードルも用意しなくていいから、仕入れの費用の大幅な節約になるのが本当のところだから、以前のようにお客が増えれば、また、始めるつもりではいる。

今度は、鉄の大きなフライパンを買って、本格的なガレットを焼いてみようかなどと、夢を見ている主人をよそに、ご主人は蕎麦屋に早々といらっして前回と同じ鍋焼きうどんのご注文。天せいろをご注文の奥様に「蕎麦屋なのに…」と言われたのは、確かこのお客さんだったかも知れない。昼の盛りを過ぎた頃に店の玄関を開けて、「2時まででしたよね」と常連さんの奥様がお見えになる。「これから用事を済ませて来たいと思うんですけれど…」「お待ちしています」

しばらくお客が途絶えたかと思ったら、先ほどのお客がいらっして、旦那様がにっこりと笑顔で暖簾をくぐってお見えになる。用事があるとは言え、東京から来てわざわざいつも霊犀亭を訪ねてくださる有り難いお客様なのです。「今度、一緒に飲みたいね」とえらく亭主を気に入ってくださるのが不思議で、儲けを気にせずに蕎麦屋を続けている姿勢を褒めてくれるものだから、前向きな老人の言葉にいつも励まされるのでした。金柑大福もとても気に入っていただけた。

暖簾を下ろす時間だったけれど、続けてどんどんお客が入るので終いそびれて、用意した蕎麦がなくなって閉店したのは3時過ぎでした。女将を先に返して、亭主はそれから蕎麦の追い打ちをかける。天麩羅の具材も尽きたので、女将に買い物を頼んでそのまま蕎麦屋に残って夜の営業を始めたのですが、こんな日にはお客は続くもので夜も大忙し。女将が心配して迎えに来たけれど、まだお客がいたので手伝って貰う。やっと家に戻ったのは8時過ぎでした。

9時近くにやっと夕食を終えて、ブログを書き始めたけれど、昨日のブログも途中で眠ってしまったのに、今日も最後までたどり着かない有様。この記事は翌日になって保存してあった下書きに付け足して、やっと書き終えたのでした。連休のせいもあったのかも知れないけれど、土日の客数が戻ったような週末。暖かくなるにつれて、蕎麦屋を訪ねてくれるお客が増えると有り難いのですが、メニューも整理し直して3年目はなんとか経営の合理化を計りたいもの。

This entry was posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.