営業再開の日…

今日の蕎麦屋の営業に備えて、昨夜も10時前に床に就いた亭主。未明には目が覚めて身体もすっきり、昨日届いた遠征の荷物をほどいて、まずは洗濯物を出す。留守中に届いた店の荷物は次の定休日まで玄関に置いたままでもいいけれど、書斎に器材やバック類が転がっているのは、足の踏み場所がないのです。世話になったカメラもドライキャビネットに戻して、外が明るくなってきたら、眠そうなpekoを連れて早めの散歩に蕎麦屋まで出掛けるのでした。

今朝は蕎麦豆腐やデザートの仕込みもあったから、女将も驚く8時前に家を出て、気持ちを切り替えて営業準備。休み明けは蕎麦打ちも1kgを二回打ち、腕がなまっていないかを確かめる。案の定、一回目は加水が多すぎてやや柔らかめ。一週間で気候も随分と変わってしまうのかと、驚きながら厚味にややむらができた蕎麦を騙し騙し包丁切り。二回目はちょうど好い水加減で、これを最初にお客に出せば、納得して頂けるだろうという腹づもりなのでした。

蕎麦を打ち終わる頃に女将が現れて、店の掃除を始めてくれる。昨日の疲れも見せないから、さすがはヨーガの達人。最近では、最後は体力勝負になってしまう亭主よりも、健康管理のしっかりしている女将の方が、体調を崩すことが少ないのでした。遠征に行って毎日海に出て潜っていたにもかかわらず、体重が2kgも増えたと言えば、「それは食べ過ぎだからでしょう」と手厳しい。今回は夕食にビールを飲んだので、これが案外と曲者なのかも知れないと反省。

サラダの野菜を切り終えたら、昨日仕込んだカボチャのいとこ煮だけでは足りないといけないからと、大根と胡瓜の浅漬けを作って紫蘇と柚子をまぶしておく。大根と胡瓜を薄く切った塩もみを羽田の寿司屋でご馳走になったので、ちょっとだけ香りを加えてアレンジしてみたのです。甘く煮た小鉢もいいけれど、あっさりしているものも欲しいのが男性の目線かも。日曜日だから、お客の出足は遅いかと思っていたら、早くからちらほらとご新規さんたちがご来店でした。

上手い具合に、満席になる前に食べ終わるお客が帰るから、洗い物を片付けながら次のお客の料理にかかる暇があって、生舟が一箱空になるまで続いたのでした。閉店間際の最後には、常連さんの会社の人たちがいらっして、「ずっと休みだったから、昼飯を食えませんでしたよ」と笑って挨拶をされるから、恐縮至極なのでした。まずは野菜サラダに天麩羅単品と、いつものコースで仕上げの鮪丼セット。営業を再開するとすぐいらっしてくれて有り難いことです。

片付けを終え、最後の洗い物を女将に任せて、亭主は店で軽く蕎麦を食う。「コシがあって美味しかったわ」と、帰られたご夫婦の言葉を確かめてみたかったのもあったけれど、今日は夜の営業もあるので、早めに昼を食べておきたかったのです。蕎麦も美味かったけれど、昨日作った蕎麦汁はコクがあってなかなかの味。これが薄味だというお客には、慣れてもらうほかはない。早めに家に戻ってコーヒーを一杯飲みながら、この日記を書き終えておくのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.