春めいた陽気に翻弄されたか…

いつになく暖かな夜だったからか、夜中に何度も目が覚めて熟睡出来なかった。気温の下がった朝方にやっとぐっすりと眠ったと思ったら、「もう8時ですよ」と女将に起こされたのです。それでも、会社勤めではないから慌てずにマイペースで、コーヒーを飲み終えてからゆっくりと蕎麦屋へ出勤。蕎麦を打ち始めたのはもう9時を回ってからなのでした。今日は日曜日だから、お客の出足も遅いだろうと思いながら、30分ほどで昨日と同じ出来の蕎麦を打ち上げる。

昨日の晩の打ちに仕込みはすべて終えてあるから、ご飯を炊くのは女将に任せて今朝は蕎麦打ちと天麩羅の具材切り、野菜サラダの仕込みだけ。外は最初の予報から変わって曇りがちの天気となって、風も穏やかで気温が高いのが救いでした。それでも、大鍋のお湯がまだ沸かない11時過ぎに、「少し早いですけれど」と言ってもうお客がいらっしたから、暖簾も出さぬまま店に入って頂いたのでした。白菜のお新香とお茶をお出ししてしばらくは待ってもらう…。

最初のお客が帰ったのがちょうど開店の時刻だから、沢山のお客のある日には洗い物も出来るし、次のお客の準備も出来るから嬉しいのです。昼前に次のお客が現れて、順調なスタートなのでした。ヘルシーランチセットをご夫婦でご注文されるお客もいて、作ったばかりのサラダや蕎麦豆腐、デザートも出るから嬉しい限り。今日はご新規のお客がほとんどで、奥様が海外に出ていらっしゃるという常連さんが、カウンターでゆっくりと寛いでいらっしたのが印象的…。

調理師学校の学園祭に行ってきたのだと、調理場で天麩羅を揚げている亭主にその写真を見せるものだから、スマホの写真や学園祭のパンフなどを見せてもらいながら、天せいろをお出しする。ご自身も、地域のコミセンで親爺の料理教室に参加していると言うから、なかなか研究熱心なご主人で、奥様のいない日々の朝は自分で作って食べているのだとか。先週も亭にいらっしたから、ほどよく蕎麦の味を思い出してくれたのかしら。本当に有り難いことなのです。

ご新規のお客は食べたらすぐに帰るのが常だけれど、常連さんはゆっくりと静かなひとときを過ごして帰られる。それが地域の蕎麦屋を夢見る亭主の理想でもあるのですが、今日はそれきりお客は来なかったのです。外を見れば晴れていたはずの空がいつの間にか曇って、怪しい雲行き。「心配だから洗濯物は取り込んできたの」と言う女将の言葉は、正しいのかも知れない。春めいた陽気に蕎麦を打っておく数も予想しにくい。夫婦そろって帰るのどかな午後。

美容院に出掛けると家を出る女将が手を振るのを書斎の窓から見送って、昼寝もせずにパソコンに向き合う亭主。売上票のデータを入力して、今日撮った写真を整理していたら朝が遅かったから、枚数も少ない。カメラを持ってpekoの散歩に出掛けるけれど、ご近所の梅が咲き始めていたのに、アングルが悪いと撮らずじまい。女将の帰る頃にやっとリフレッシュを終えて夕刻からの営業に出掛けるのだけれど、冬場の夜はやはりお客の来る気配はないのでした。

明日の小鉢用にと切り干し大根を煮て、来週のデザート用に金柑の甘露煮を仕込んでおく。今年はもうこれで時期も終わりかも知れないと、奮発して大粒の金柑を買い込んで来たから、丁寧に種を取って、お酢と氷糖蜜でアルミホイルで落とし蓋をして20分ほど煮込むのだけれど、新鮮な食材は火の入るのが早い。明日は白いんげんを水に浸け、定休日に白餡を作れば、来週はまた金柑大福を作れるという段取りです。スローフードの楽しみは時を忘れる。

夜のしじまが訪れる前に、庭に出て小蕪を抜いてくる。しばらく使っていなかった糠床に新しい糠や糠がらし、金柑のへたを混ぜて、明日も使わないで終わりそうなキュウリと一緒に漬け込んでおく。新鮮な食材はぬか漬けにも威力を発揮するのです。切り干し大根や金柑の甘露煮を容器に詰め替えて、今夜の仕込みも完了。閉店時刻まではまだ大分時間がある。土日の夜は冬場は予約のみ受け付けるというように替えた方がいいかも知れないと、ふと思うのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.