うららかな春の陽射しのお蔭で…

霜は降りていたけれど、風もなく暖かい朝だと感じる。pekoの散歩の後で早めに朝食を終えた亭主は、女将よりも一足先に蕎麦屋へ出掛けて、米を研ぎ炊飯器の予約をしたら、早速、蕎麦打ちにかかる。昨日の蕎麦が生舟一杯残っているから、蕎麦を打つ量が少ないので30分で出来上がり。それでも、切りべら23本で130gと、昨日と同じ蕎麦を仕上げて、今日は15食の準備して、次の仕込みに入るのでした。時間があるから再来週分の返しを早めに作っておく。

風も穏やかで、晴れてきそうなので、今日は暖かな1日になりそうで、こんな休日には、必ずと言っていいほどお客が来るから、色々な段取りを確認して開店の時刻を待つのでした。開店前にかき揚げを揚げて、天麩羅の具合を確かめ、昼の賄い蕎麦にぶっかけ蕎麦を試食すれば、茹で時間40秒で昨日打った蕎麦も弾力があって美味しいから気分がいい。今日の蕎麦は美味いと実感して開店すると、お客に出すにも自信が持てて精神的に余裕が出来るのです。

10時前に一息ついて、野菜サラダの具材を刻み始める。先日、女将に「最近ニンジンが少し太くなってない?」と言われたから、先週は西洋包丁を研いだ。太いと言っても1mm以下で太さがそろっていればそれでいいのですが、時間のある今日は、切れる包丁でジュリエンヌを真剣に切ってみた。前の西洋包丁を折ってしまった後は、しばらく刃の短い家庭用の薄刃包丁を使っていたので、刃渡りの長い西洋包丁の切り方を忘れてしまったのかと心配なのでした…。

使う野菜が新鮮だと気持ちがいい。夏場と違って5日に一度の仕入れでも間に合ってしまうことが多い。最近は、少し賢くなって、一度に沢山仕入れないから、途中で夜に仕入れに出掛けたりもするけれど、スーパーなどで安売りのある土日には出掛けられないから、いいのだか悪いのだか。特選の生椎茸は新鮮なものを選んでくるからやはり持ちが違う。国内産の熟したキウイが随分と出回っているから助かっている。店で出すサラダは栄養バランスがいいのです。

ただ、蕎麦屋で野菜サラダを食べるお客はそう多くはないので、ヘルシーランチセットやカレー蕎麦、鴨南蛮などに添えて、お薦めしているのですが、これは食生活の習慣によるのか、常連さんの中にも、必ずサラダを注文する方と、決して食べない方とがいるのです。「お蕎麦屋さんで野菜サラダが食べられるなんて思わなかった」と、喜んでくださるお客もたまにはいるけれど、男性のお客は好んで野菜を取るお客は少ないようなのです。一人ならば自分も食べない。

今日は昼前に遠い町から歩いていらっしたという女性客がカウンターに座って、いきなり鍋焼きうどんを頼まれた。ちらっと顔を合わせたきり、いつもの常連さんと思いこんで話をしているうちに、「お変わりありませんね」などとおっしゃるものだから、どうも話が噛み合わないので、よく見れば前の職場で何年かご一緒したご婦人なのでした。わざわざ遠くからいらっしていただいて、「大変失礼をしました」と詫びる亭主。3年も会わないでいると思い出せないのが怖い話。

お客の出足が遅い休日は、暖かい陽気も幸いして、午後から随分と賑わったのでした。閑散としていた昨日が嘘のようで、生舟の蕎麦は何時の間にか空になっていたのです。夕刻の仕込みで朝のうちに準備しておいた出汁を取り、今日よりも更に暖かいという明日のデザートにはマンゴーとチェリー、キウイの寒天寄せを仕込んでおきました。冬の夜はお客もなかなか来ないから、のんびりと銀杏の皮を剥いて甘皮を取り、串に刺して黙々と酒の肴を仕込む亭主…。

これをグリルで焼いて、塩をしてつまみながらちびりちびりと酒を飲むと美味しいのです。明日も夜のお客が来なければ、家に持ち帰って独り占め。それにしても、夜の仕込みも1時間ほどあれば終わってしまうから、昼の洗い物を片付けて早めに暖簾をしまうのでした。今日は春のような暖かさのお蔭で、随分とお客も入ったし、今月もあと二日と天気の良いことを祈るはばかり。そう言えば、暖かな今日はpekoが随分と元気だったから、犬でも陽気が判るのだろうか。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.