南からの強風にしてやられ…

いつもに比べれば暖かい朝でした。蕎麦屋の周囲の畑も霜が降りていない。ただ、晴天という予報とは裏腹に雲が随分と多い空で、とても晴れるとは思えなかったのです。それでも今日は昨日よりも気温が上がると言うことだったので、8時半に蕎麦打ち室に入って、頑張って1kgの蕎麦を打ち始める亭主なのでした。丁寧に四つ出しをして、2本の巻き棒を使って本伸しを終えれば、100cm強×90cm弱の大きさに広げた生地を、八つに折り畳んで包丁切りに入る…。

途中で、高知から酒の宅配が届き、手を休めて荷物を受け取る。少しでも、お客に安く提供できないかと、心当たりの酒蔵から燗をしても飲めそうな辛口の酒を送ってもらったのです。純米吟醸などという高い酒をわざわざ燗をして出すのは勿体ないから、値段を下げて本醸造酒を出してはどうかと考えた。実際に試飲をしてみないと分からないのですが、1合400円ほどで出せればなんとか採算は取れそう。高知では広く飲まれているというのですが、果たしてどうか。

今日の蕎麦もまずまずの仕上がりで、切りべら22本で130g強だから、細すぎもせずちょうどいい加減。綺麗に伸して畳んだから、端まで切り終えてちょうど11人分が取れた。昨日の残った蕎麦と合わせて15人分を用意したから、まずは一安心だろうと蕎麦打ち室を出る。このところお客が少ないからと高をくくって、1時前に売り切れになるようなことだけは何とか避けたいののです。大盛りのお客が多ければ、蕎麦は見る見るとなくなっていくから、要注意なのです。

厨房に入って大釜の湯を沸かしながら、今日の小鉢には白菜のお新香を盛り漬ける。漬けて2日目だからなかなかの味。少し味が薄いというお客のために、テーブルには醤油も用意してある。ただ、身体を使っている農家の人などは、習慣なのか味が濃くても必ず醤油をかける。そう言えば、30年以上も前に亡くなった父なども、お新香には醤油と味の素を欠かさなかった。当時はまだ塩分の取りすぎなどという健康管理の知識があまり一般的ではなかった。

気温が上がるとは言われていたけれど、雲の様子を見るとそれほどでもないかも知れないと、マンゴーゼリーなどを作って残っても大変だと、今日のデザートには紫芋のきな粉大福を作ることにしました。漉し餡を丸めて、アントシアニンの粉のような紫芋きな粉を用意し、求肥は昨日と同じ割合で氷糖蜜と水で溶いて、薄くのばして餡を包む。これが、求肥の熱いうちにやる作業なものだから、冷たい水で手を冷やしながら、食べやすいように平たく潰して出来上がり。

蕎麦豆腐には柚子の皮の千切りと貝割れ大根をあしらい、準備は万端で早めに暖簾を出したのはいいけれど、南からの風が相当に強くなって、出してあった幟を半分だけしまうことにしました。強風で幟のポールが折れてしまわないかと心配なくらいの強い風なのです。お蔭で空を覆っていた雲はきれいに吹き飛ばされたのでしたが、この風では普通の人は外に出ることがないだろうというくらい。それでも車に乗ってリピーターさんがご来店してくれたから有り難い。

店の外ではビュービューと風が音を立てて吹き渡り、防風林に囲まれた向かいの畑でも珍しく土埃が舞っている。奥の座敷で団地の景色を眺めていたら、住宅の間をモノレールが走っていく。静かに晴れた日ならばのんびりとした夢のような風景なのでしょうが、こんな街で夢の蕎麦屋を営む亭主は、一年に何度もない光景を目の当たりにして、今日はこの風に負けたと早めに暖簾をしまう。お客の入りは天候には左右されないと思ってはいたけれど、例外もある。

そう言えば、さすがの風に送電線の工事は中断されているようなのでした。女将のいない家に戻り、pekoの寝ている居間をすり抜けて書斎に入る。売り上げデータを入力して今日のメールチェックをしたら、今朝からの写真を整理して、このブログを書き始めるのでした。午後の陽射しが暖かくて、パソコンの前でウついトウトとするのも気持ちがいい。果たして明日の天気はどうなのだろうかと、今から気にかけるのも可笑しな気がする。さあて、夕刻までの一休み…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.