南からのそよ風、暖かな陽射し…

朝方は-5℃を記録したと言うから、相当に寒い。蕎麦屋の隣の畑も降りた霜がそのまま凍っている様子でした。厨房の端の床に置いてあった胡麻油の一斗缶が、ゼリー状に凍っていたのには油も凍るのかと驚きました。玄関の外にpekoを待たせるのも長い時間になると寒いだろうと、急いで早朝の支度を済ませて家路につく。東の森からちょうど朝日が昇る時刻です。家に戻ると女将が食事の支度をしてくれているから、ゆっくりと二人で朝食を済ませるのです。

定刻に蕎麦屋に出掛けると、自宅の裏にある幼稚園生たちが若いお母さんたちに連れられて歩いてくる。「お早うございます。行ってらっしゃい」と声をかければ、お母さんの方が「お早うございます」子供の方は「行ってきま~す」と黄色い声で挨拶するのです。南風になびく「手打そば」の幟が、今日は暖かいと教えてくれている。それでも、蕎麦打ち室の温度はまだ2℃。店の暖房を入れて、せめてもう少し温かくならないと、さすが蕎麦粉を捏ねる指先が凍えるのです。

定休日明けはストックしてある蕎麦がないから、1kg11人分では混んだ場合にすぐになくなってしまうので、ちょっと不安なのです。だから、いつもは1.25kgを打って14人分を用意するのですが、今日は先日封を切ったばかりの蕎麦粉の袋に900g残っていたから、900g+900÷8×2で1125gを打つことにする。加水を含めると1125g×1.46で1642.5gになるから、1642.5g÷130gで約13人分の蕎麦が出来る計算です。「900÷8×2」は二八で打つ蕎麦の小麦粉の分量です。

四つ出しを終えて本伸しにかかると、狭い蕎麦打ち台の上で、横に延ばしてしてどのくらい広げられるかと気にかかるところですが、1kgなら100cmと決めていいるけれど、それ以上になると少し手狭になる。蕎麦粉や酒類を入れる冷蔵庫を二つも置いてしまったのが後悔先に立たずなのでした。それでも110cm×90cmに伸し広げて八つに畳むと、切りべらが20~21本で130g今日の一人前となって、お客に打ち立ての蕎麦の弾力を味わって貰うにはちょうどいい。

40分ほどで蕎麦打ちと片付けを終えて、今日のハイライトの金柑大福を作り始める亭主。白いんげんから白餡を作って冷凍してあったのを戻して、甘露煮にしてある金柑を包み一つ一つ団子にしておき、求肥は100gの白玉粉に氷糖蜜と水1カップを入れて練っていく。6個分の大福を包むのには、求肥を薄くのばしてから饅頭作りの要領で餡を包むのがポイントなのです。薄皮の求肥で包んだ金柑入りの白餡の団子は、ちょうどいい形で皿の上に治まるのでした。

白餡も金柑の甘露煮も、相当な時間をかけて作るものだから、さすがに気前のいい亭主も今日はサービスなどではお客に出さなかったのです。そうしたら、今日は逆にお客の方からデザートの注文が多くて、作った大福の半分は出たから、やっと元が取れるという感じ。市販の大福のように、乳化剤や水飴などの添加物が入っていないから、せいぜい二日で硬くなってしまうけれど、美味しさには自信がある。残った大福は閉店後に老母の元に届けてやりました。

店の庭で作った辛味大根をどうやってお客に提供しようかと、定休日の間に研究したから、近いうちに「辛味大根あります」とテーブルに置くスタンドメニューに掲載しようと考えている。ちょうどこの辛味大根の好きな常連さんがご来店だったから、経緯を話すと、「やっぱり好きな人じゃないと、かなり辛いからね」と笑って応えるのでした。彼も言っていたけれど、やはり、その土地や歴史の中で蕎麦の薬味は発達してきたという亭主の意見が正しいような気がする…。

店を閉めてからお袋様の家に寄った帰り道、地上100mの送電線の上で今日も作業員たちが仕事をしていました。暖かい陽気だからか、今日は3人そろって上下に渡した送電線を伝って何やら作業をしている様子。まったく、世の中には本当に色々な仕事があるものです。隠居仕事の蕎麦屋の苦労も何処へやら、明日も暖かいと言うからどれだけ蕎麦を打ったらいいだろうと考えながらたどる家路。立春まではあと一週間あまり。蕎麦屋もお客が入る季節だろうか。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.