寒風の中を…

夕べは風呂に入ってそのまま8時に床に就いたのに、朝の6時まで眠ったから10時間近い睡眠を取ったことになる。寒いこともあるけれど、最近にしては新記録。やはり、週末の後の月曜日は、一週間の後片付けもあるので、疲れが溜まっているのでしょうか。歳を取って始めた仕事だから、あまり無理をする気もないから、定休日が二日というのはちょうど好いのかも知れません。朝一番で、3km近く離れたいつもの床屋に、今日は歩いて出掛ける亭主なのでした。

いつものドングリ公園を抜けて、木槿の公園を過ぎれば、大型ショッピングモール沿いに出来た新しい道路が、西に向かって真っ直ぐに伸びているのでした。人の歩く古い駅までの近道には横断歩道も作られていないのは、だれも歩いて駅に出ようと言う人がいなくなったから、近所の住民も無関心なのかも知れません。どこまでも青い空の下に駅前のマンション群が立ち並んでいるのでした。団地の駅もなかった昔は、この道を通って隣の駅まで歩いたものです。

自宅から今の駅までは約2kmの道のり、床屋のある隣町までは更に1km近くあるのだけれど、風は冷たいのに陽射しが暖かいから頑張って歩く亭主。店のドアを開ければ親爺様が待っていましたとばかり元気に迎えてくれるのでした。40年近くも通い続けているから、何も言わなくても最近の話題を振りまきながら頭を刈り始める。「駅前の通りも随分様変わりしましたね」と言えば、「昔からあるのはうちの店だけだよ」と、栄枯盛衰の歴史を語ってくれるのです。

「貸店舗だと月の家賃は二日で儲けるようじゃないと利益は上がらないから、客が入らないとみんなすぐに止めちゃうんだよね」と、最近の商売人の根性のなさを嘆く親爺様。趣味のアトリエ気分で蕎麦屋を営む霊犀亭は、家賃を払わなくていいからなんとか続けていけるのだとつくづく思うのでした。まだ一人前の商売人とまでは言えないけれど、今時の人に比べたら、根性はあるかも知れないとにやにやとして話を聞いている亭主。月に一度のリラックスタイムです。

朝飯に続けて昼も女将と二人で蕎麦を食う亭主。店の庭で採れた辛味大根を蕎麦汁に入れて、朝昼と食べてみれば、山葵代わりに、風味があってこれは案外と美味しい。今はおろし蕎麦や天せいろの大根に、ご希望のお客だけお出ししているのですが、この食べ方が一番美味しいといいう確信が持てたら、スタンドメニューで辛味大根の採れる時期だけ出してみようと考えています。皮も一緒におろすと激辛なのは体験済み。蕎麦の甘さが引き立つとは本当か。

女将をお稽古に送って火曜日のお決まりのコースで仕入れを済ませると、蕎麦屋に戻って仕込みの前段階の仕込みをする。近くの農産物直売所で買った白菜を一把、今日は大きなプラスティックの樽に漬け込んだ。塩の量は世間で言われている白菜の重さの3%よりずっと少ない。新鮮な白菜はそんなに塩辛くしなくてもちゃんと水が上がるのです。大根も新鮮だから、なた漬けの下準備でこれも塩をまぶして押し漬けにしておく。それから明日の出汁取りの準備。

珍しく女将からの帰るコールが早かったから、野菜を冷蔵庫に収納したら、そのまま車を走らせて迎えに向かう。今日はお師匠さんのお話が短かったから2時間ほどで終わったのだという。私たちぐらい歳を取った人間の集中力は、2時間が限度だろうと、蕎麦屋の厨房に入ってつくづくと思う。それ以上、お客で混み続けたら、勿論、蕎麦はなくなるし、一人で料理を作る側も大変なのです。日に10人~15人というお客の数が、今の亭主にはちょうど好いのです。

それが毎日続かないから難しいところ。やはり、一度食べたお客に霊犀亭は美味しい蕎麦屋なのだと言われるように、もっと精進を重ねなければ…。明日はなんとか辛味蕎麦のデモンストレーションをして、スタンドメニュー用の写真でも撮ってみようか。定休日明けのデザートのメニューも考えておかなければならない。金柑大福をもう一度作ってみようとは思っているけれど、求肥の水加減が少ないと一日で硬くなるからこれが難しい。試行錯誤はまだまだ続く…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, 運動・健康. Bookmark the permalink.