強い陽射しと冷たい風…

今朝も寒い朝でしたが、雲一つない快晴で気持ちがいい。pekoの散歩がてら蕎麦屋によって幟を立て、チェーンポールを卸し、店の暖房を入れておくのが、朝飯前の一仕事。朝食を済ませて朝ドラの終わった時刻にぶらぶらとやって来て、また亭主の一日は始まるのです。今日は米を研いだら蕎麦豆腐を仕込み、早速、蕎麦打ちを開始する。昨夜はYouTubeでいろいろな名人の蕎麦打ちを見続けて、人それぞれなのだなあと感心したばかりなので気合いが入る。

明日は88歳で亡くなった女将の父の十三回忌で臨時休業だから、あまり蕎麦が残っても困るからと、今朝は1kg12人分を丁寧に打つ。指先の感覚を頼りに水回しを始めたら、加水率は49%を越えていたけれど、ちょうど好い硬さで伸しやすかった。昨日観たビデオである名人が「90cmののし棒で両サイドが2.3cmずつ余るくらい」と言っていたから、畳んだ長さはやはり21cmほどでいいらしいのだけれど、これなら四つ出し、肉わけをしてちょうど得られる長さだ。

これまで、出来るだけ90cmに近づけようと、本伸しの際に幅を広げる努力をしたのが嘘のようで、無理をせずとも自然に均等な厚味を追究できる。手前の輪の部分が切れなくなったら、一本の蕎麦が40cmになるのだから、そんなに無理に長さを稼がなくてもいいのでした。自分で繰り返しやってみて、たまに上手な人の蕎麦打ちを観ると、学ぶことが大きいのです。何事も経験の積み重ねが大切なのだとつくづく思うのでした。それにしても今日は客が少なかった。

蕎麦好きの常連さんが昼前にいらっして、新しく売り始めた自家製のふりかけを持って帰られた。お袋様と同年代だというご近所のお婆様は、暖かい天麩羅蕎麦を食べながら、いろいろと話をしていかれた。週に何度もいらっしゃる隣町の会社のご一行様は、例によって丼物のセットメニュー。今日は天麩羅を二つも頼まれて、若い人たちはやはり食欲も旺盛なので気持ちがいい。 お客が少ない日は、皆さんゆっくり寛いでいけるから、これもまたいいのかも知れない。

This entry was posted in 季節, 日常, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.