冷たい風とどこまでも青い空…

pekoと一緒に眠ったせいもあるのか、毎度のことながら土日の疲れなのか、月曜の朝はいつも身体がだるい。朝から夜まで立ち仕事を続けていると腰が痛くなるのも一種の職業病か。そんなこんなで、今朝は珍しく胃も痛かったから、やはり疲れている。風の冷たい1日だったこともあるのだけれど、厨房に立つ足元が冷たくてならないのは、血の巡りが悪くなっている証拠なのでしょう。どこまでも青い今日の空が恨めしく思えるから、やはり、休養が必要なのです。

それでも、気持ちを切り替えて今日も750g8人分の蕎麦を打つ。加水は46%。ちょうど好い柔らかさで30分ほどで包丁切りまで終えてしまう。105cm×90cm弱と少し生地を広めに伸したけれど、打ち粉の重さを含めて切りべら22本で1人前135gだから、ほどよい細さ。このくらいがベストなのかも知れない。蕎麦打ちをしているときは身体の調子が悪いことも忘れてしまうから不思議です。適度に忙しくないといろいろと雑念が頭を駆け巡るから凡人はやはりいけない。

無心になって蕎麦を打つ境地はまさに今日の青空のようで、仕上がり具合がいいと人知れぬ達成感に包まれるのです。この蕎麦を是非お客に味わって欲しいと思うのだけれど、こればかりはお客が来ないと難しい。昼過ぎにいらっした白髪の親爺様が「蕎麦美味いねぇ」と呟いて帰られたのが、今日の唯一の白星か。冷たく強い風が吹いていたせいか、それっきり今日はお客が来なかった。こんな日もあるからと自分に言い聞かせるけれど、やはり、残念です。

スタッフと食べるぶっかけの賄い蕎麦も、抜群の美味しさだったけれど、辛味大根を載せてみたら、大根の味が強すぎて、天麩羅と蕎麦汁の味が変わってしまうことに気が付いた。辛味大根はやはりせいろ蕎麦の汁に浸けて味わうのがいいのかも知れない。蕎麦屋の庭から大根を何本か抜いてきて、スタッフ共々残った蕎麦で家で試食してみることにしたのです。お客が来ないと月曜は大量に蕎麦が残る。定休日に蕎麦を食べ続けるのは、嬉しいような辛いような。

今日はサラダの野菜を刻む前に、蕎麦饅頭を作って開店に合わせて蒸し上がるように準備したのでした。お客の多い日には、半分はふかし釜に入れたままで、半分はカウンターの皿に載せておくと、次々とこれが出るものなのですが、残念ながら今日は昼を過ぎたら、急速冷凍して保存する。月曜日は蒸し立ての蕎麦饅頭が食べられると決めておけば、案外、その日を狙って食べに来るお客がいるのかも知れない。デザートの曜日別を考えてもいいのかも…。

定休日の前日は、お客が少なければ少ないほど廃棄する食材も多いから、閉店直後に女将が残りものを持ち帰りに来てくれる。出汁や野菜やその他もろもろ。それで、2日間の定休日の食事を用意するから、どうしてもタンパク質が不足する。だから、女将の買い物は肉と魚が多いのです。亭主の方は晩の酒の肴が気がかりで、野菜サラダやお新香ばかりではちと物足りないから、チーズ揚げなどちょっと油物も欲しいところ。今夜は果たしてどんなご馳走なのか。

亭主が冷たい風に吹かれて家に戻る頃には、女将はもう稽古場に入っているから、玄関口で「ただいま」と一言うだけで、居間のpekoには「今帰ったぞ、一人で留守番して偉かったな」と声をかけるのです。午後の陽射しを浴びて昼寝を決め込んでいた彼女は、起き上がって主人の帰りを喜んでくれるから、犬も馬鹿に出来ないのです。防寒着を着たまま、売り上げデータの入力を済ませて、蕎麦屋でも客が少なくて運動不足の亭主はpekoの散歩に出掛ける…。

冷たい風が頬を刺すようなのだけれど、どこまでも青い空が気持ちがいい。主人の歩く速さに合わせて並んで歩くpekoも、人間で言えばもう60代のはず。元気な彼女の健康の秘訣は、やはり十分な睡眠なのだろうか。ぐっすりと眠れた翌日は、人間でも身体が軽いと感じる。暇な隠居の生活のはずなのに、腰が痛いとか胃が痛いと言うのは、どこか間違っている。明日は蕎麦屋には出掛けずに、朝から床屋の親爺様のところに行くことにしよう。気分転換が大事。

さあて、晩ご飯の食卓に付いたら、毎日のように残りものの野菜サラダを食べ続けるのに飽きた女将が、豚肉のみじん切りを加えて、野菜サラダの具材を炒めて春巻きにしてくれたのでした。これは妙案。主婦にとっては野菜を刻むのが面倒だけれど、亭主の野菜サラダは刻むのが仕事。8種類の野菜を細かく刻んで栄養バランスは抜群のはずだから、肉を加えてタンパク質も入る。これと鴨鍋うどんで暖まる今夜のメニューは残りものでも贅沢なご馳走なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.