休養と仕込みと…

女将が授賞式で上京するというので、蕎麦屋も休みをいただいた忙しない朝だったけれども、留守番の亭主は昨夜から目覚める度にめまいに悩まされているのでした。やっと朝食を済ませたものの、立ちくらみが治まらないので、居間のソファーでぐったりと横になっていると、心配そうにpekoが主人を見守っている。昨夜は途切れ途切れだけれど十分に眠ったはずなのに、やはり疲れが出たのだろうか。明日の準備で仕入れと仕込みがあるのに困ったものでした。

昼近くになってやっと回復してきたので、車を出して隣町まで仕入れに出掛ける。朝方、曇っていた空もやっと青空が覗いて、春らしい風景画が心を和ませるのでした。生ものを冷蔵庫に入れ、3㍑の鍋に水を張って昆布と干し椎茸を浸けたら、一旦、家に戻って昼食にザルラーメンを作って食べ、一休みしていると、昨日、石垣島から送ってもらったはずの撮影機材が早くも到着。朝のうちに送り出してくれたのか、丸一日で着いてしまうとは随分と早いから驚きでした。

午後は歩いて蕎麦屋へ出掛け、いよいよ明日の仕込みに入る。出汁を取りながら野菜をラッピングしたり、天麩羅の具材を仕込んですべて冷蔵庫に入れる。蕎麦汁、天つゆを作って冷水で冷まして容器に詰める。小鉢用にカボチャを煮込んだり、親子丼の具材を煮込んだり、小松菜を茹でたりと、いつも繰り返している作業を終えたら、ミニ菜園の様子を見に庭に出る。ラディッシュや辛味大根も育ってそろそろ間引く時期になり、葱の芽も出てきているのでした。

ブロッコリーの花が満開で、サラダにも随分と使ったのに、食べきらないうちにもう春が来たという感じで、もっと計画的に食材を利用しなければ勿体ないと反省するのでした。イタリアンパセリやフェンネルなどの洋物は、あまり出番がなかったけれど、もう少し工夫をしなければと、石垣島の奥様の料理を思い出す。薄い紫色の花を咲かせているローズマリーも、新玉ねぎと骨付き豚肉を仕入れてきたので、塩焼きに添えてもいいとあれこれ思い描く亭主なのでした。

南の島から戻って、向こうで食べさせてもらったモズクのしゃぶしゃぶや島らっきょうの天麩羅などを思い出しながら、やはり季節を感じさせる旬の食材が一番美味しいと、まだまだ工夫が足りないのを反省するのでした。これから、春の野菜や山草が続々と芽を出してくるのが楽しみな季節です。そう言えば、家の裏手に大きくなったタラの木を切って、挿し木をしておいたら、根付いて新芽が出てきたから、今年は、店でも天麩羅の具材に使えそうな量が取れそう。

夕刻になってやっと今日の仕込みを終えて家に戻れば、ずっと留守番のpekoが退屈そうにふて寝をしているから、近くの公園まで散歩に連れて行く。辛夷の花が咲き乱れて、真紅の椿も枝一杯に花を咲かせているのでした。自然の草花に元気をもらって、やっと遠征の疲れも回復してきたと感じる夕べ。朝出たきりの女将は、日が暮れてもまだ戻らないから、冷蔵庫の中を物色して、肉を食べる元気はなかったから、お腹に優しい食べものをグリルで焼いて食う。

7時過ぎにやっと戻った女将の第一声は「ただ今戻りました。pekoの散歩行った?」去年はこの時間に女将が帰ってから散歩に連れ出したのだと言う。自分の日記を読み直しているのだろうか、一年も前のことをよく覚えているものだ。長かった彼女の一日の話を聞きながら、早めに風呂に入って床に就く亭主。明日、明後日と二日の営業をこなせば次の定休日だから、十分な体調で日常に復帰しなければ。明日の段取りを思い描きながらいつの間にか夢の中…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.