最終日のダイビング…

夕べのうちに強い雨風になって、今朝は伊原間湾の入り口も白く波立っているのでした。長年の撮影データを沢山詰め込んだ携帯用のノートパソコンが、重たくなって機嫌が悪い。ブログの更新にも随分と時間がかかるのはそのためなのです。三台のカメラで一日に撮る写真の枚数が多すぎるから、整理をするのにも相当の時間がかかるというのに、仕方がないから、他の作業をしながら様子を見てはパソコンに向かうのです。パソコンと向き合いながらの昼寝…。最終日の今朝の天気のように、ぐずぐずと埒のあかないまま、今日は街に出て石垣港から乗り合いで潜れるよう船長が手配をしてくれました。 いつもより一時間早くに宿を出て、島の北部から南の端まで約30分のドライブです。「乗り合いだと2本で終わりというわけにはいかない」と言われていたので、今日は午後までしっかりと頑張らねばと気合いを入れるのです。気温は19度、北の風7m、波の高さは4mと、警報の出る天候だから、内心は不安なのですが…。それでも海をよく知るダイバーたちは、北風を避けて島の南側で潜ろうとあつまっているのでした。去年の遠征でも一度乗せていただいたアルカディア号よりはずっと大きな船で、街の港からすぐのポイントへ向かいました。 海の中は穏やかなもので、潮の流れもいいのか、沢山の魚たちが群れているのでした。岩礁地帯には無数の若いサンゴが育ち、海中の地形の面白さも堪能させてもらったポイントです。海から上がったときだけは、さすがに寒いのが辛い…。規模は小さいけれど、ロタホールを思わせるような海底洞窟。どこまでも続く海底の山並み。市街地の近くの海で、こんな景色が見られるのも有り難い体験です。2本目を潜り終えてドライルームで皆で昼食。この船の船長がキッチンで温めてくれた温かい味噌汁といい、海メロの奥様のお手製弁当といい、ホットするひとときでした。風や波が少し収まったから、午後の3本目はサンゴ礁の外の風も波のないポイントへ向かう。ドロップオフの縁はさすがに魚影が濃い。大小のグルクンがもの凄い数で群れて、海の中を縦横無尽に駆け回っていました。その一角ではカスミチョウチョウウオの群れやハナゴイの群れにもお目にかかる。岩場の隙間から時折冷たい潮の流れが通って、ここが魚たちの餌の豊富な潮目なのだというのが体感されました。最終日のダイビングに相応しいダイナミックな海の醍醐味を味わって、一人でいい気になっていたら、同行のダイバーたちは、岩肌に張り付いてミクロの世界に没入している様子でした。

船長に促されるままに、海中での顕微鏡モードを使ってミリサイズののウミウシを撮っては見ましたが、そもそもが肉眼ではゴミにしか見えていないから、頭も尻尾も区別が付かない。それでも、カメラのモニターで確認すると、この小ささな身体で宝石のようなきらびやかさを持っているから驚きです。自然の不思議さを教えられた気がしました。船に上がってどうしてあの小ささが見えるのかを尋ねて見たら、懐から虫眼鏡を取り出して見せるから驚きなのでした。 最終日の夜に相応しく、晩の料理はブダイのムニエルのバジルソース添えに、宿のお隣さんの料理人が自家製で燻製にした島豚の肉のサラダなど、季節の料理の話で話題は持ちきり。お客に出すにはそれなりの周到な試作が必要と意見が一致するのもまた楽しいのです。アラカルト方式の定番料理ばかりの蕎麦屋でも、何か新しいものを作ってみたいという思いは同じ。季節の旬の食材が出る時期こそがチャレンジの時だと、つくづく勉強させられるのでした。

 

 

 

 

This entry was posted in ダイビング, ブログ作成. Bookmark the permalink.