新年明けましておめでとうございます。

pekoを連れて蕎麦屋回りの散歩に出掛け、東の森の向こうから昇る初日の出を眺める元日の朝です。夕べは蕎麦屋での集いを終えて家に戻り、孫と一緒に風呂に入って色々な話を聞いて、眠い目をこすりながらブログを書き終えた後は、しっかり8時間睡眠を取った亭主。皆に年越し蕎麦を茹でてやったものの、結局、自分は酒の肴に蟹をつまんだくらいだったから、あまりの空腹で目が覚めたのでした。真っ白な霜の降りた畑と雲一つない青空が清々しい…。

庭の金柑が朝日を浴びて黄金色に輝くのを正月らしいと何枚も写真に収める。日当たりのいい場所ではもう水仙の花も咲いているのでした。さすがの女将も一日の蕎麦屋の仕事と大勢の夕食準備で疲れたらしく、今朝はゆっくりと朝食の準備を始める。居間で寛ぐ娘たちに朝一番のお茶を入れながら、亭主はpekoを膝に載せて、ちょうどテレビでやっていた海の風景に見入っている。次の段取りを何も考えなくていい、随分と久しぶりの落ち着いた朝なのでした…。

朝の食卓に並んだお節は、女将の作った煮物と、亭主の作った栗や豆のきんとんと、黒豆の甘煮。雑煮は30年も前に亡くなった親爺様の古里の簡単な味付けで、皆が身体を温める。結婚以来、東京の雑煮は鶏肉や里芋を入れて餅は焼いてから汁に入れるものなのだと、長年言い張ってきた女将も、何時の間にか亭主の育った昔の味に戻して雑煮を作ってくれるから、不思議なものです。お互いに何にこだわるということもなくなった歳になって、簡素になった。

年末に風邪をひいたまま、色を塗り替える予定だったウッドデッキも、途中でペンキがなくなって、暇も金もなくなったからそのまま年を越してしまった。書斎の障子の張り替えも、道具を用意したままそれっきりで年を越したのでした。生活のすべての面で物事を完璧にこなさなければと思っていたのは、今となっては遠い昔の話。そう言えば、蕎麦屋の換気扇の掃除の途中で、最終日を終えてしまったのでした。人生も須くこんな感じでいつか終わるのかも知れない。

昨日ロサンゼルスの古い教え子から届いたグリーティングカードをしみじみと眺めて、家族で彼等の何軒目かの新居を訪ねたのは、大学生になったというお子さんがやっと生まれた頃のことなのだと、月日の経つのがあまりにも速いのにびっくりする。それでいて当の自分は少しも歳を取った気分ではない。家族と一緒に写真に写る彼女も少しも変わっていないような気がするのは、いったいどんな訳なのか。のどかな朝、女将は孫のお習字の宿題に付き合っている。

娘家族は元日の昼に旦那の一族の新年会に出掛け、家に残った亭主と女将は、今朝届いた年賀状を一枚一枚眺めながら、静かな正月の午後を過ごすのでした。喪中の連絡が来たはずの親戚からも何枚か年賀状が届いたのは、お互いに歳を取ったのか。明日集まる5人の孫たちの飲み物を仕入れがてら、蕎麦屋へ出掛けて昨日の沢山の洗い物の片付けをする。両方の実家で正月の料理を飽きた子どもや孫たちに、何を作ってやろうかと頭を悩ませる…。

This entry was posted in ブログ作成, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.