一年の集大成の日…

今朝は7時前に家を出て、朝から蕎麦を二回打つ。去年なら毎度のことだったけれど、今年はなかなか二度打つことはなかった。昨日の夕方にも打ったから、これで30数食分。まさかとは思ったけれど、今日は午後からも二回追い打ちをかけて、全部で50食以上も蕎麦が出たのでした。お持ち帰り用の年越し蕎麦が30食だから、店で出たのは20食の計算。途中、「満席」「お蕎麦売り切れ」の看板を出したけれど、追い打ちをかけた後も続々とお客が入ったのです。

日に四回の蕎麦を打っても、44%の加水率で、いずれもしっかりと打ち上げたから、蕎麦打ちの方も随分と安定してきたと言える。一人前130g強で切りべら23~25本だから、細めの蕎麦の仕上がりです。蕎麦が打ち上がると、平常のサラダの野菜切りの前に、午前中にお持ち帰りの蕎麦を取りに来るお客のために、天麩羅を15人前揚げて、午後からまた15人前の天麩羅を揚げる。店も天せいろや天丼セットが随分と出たから、天麩羅の具材も底をつくありさま…。

去年の大晦日に比べても、かなり大勢のお客が来たことになります。常連さんよりも、ご新規のお客が多かったから、少しずつ地域の人たちに知られてきたのかなという実感がありました。スタッフと女将と3人体制で、かなり忙しい一日でした。亭主は、入ったオーダーに従って黙々と調理をこなすだけなのだけれど、天麩羅蕎麦の汁がぬるいと言ったクレームが入って、「ご免なさい」と、すぐに作り直す場面もあったりで、まあ、反省もしきりな一日ではありました。

とにかく色々なお客さんがいるものだから、カウンターの隅で静かにお客のいなくなるのを待ってくれている常連さんがいたりで、まったく有り難い限りです。普段でも20人のお客はちょっと多すぎるくらいなのですが、お持ち帰り用の蕎麦や天麩羅の用意もあったので、さすがに今日は余裕がなかったかも知れない。それでも、営業時間を1時間延長してあったから、一度にそれほどお客が続いたわけではないのです。むしろ追い打ちをかけた午後の方がが混んだ…。

お休みだからか、ご家族でいらっしゃるお客も多くて、一組の人数が3人4人と増えていった感があるのです。年に一度だから何とかこなせたけれど、毎日がこんなに沢山のお客の数だと、今のメニューの種類の多さでは、二人態勢ではちょっと対応が出来ないのかも知れません。それでも、鍋焼きうどんと丼物をぺろっと平らげたお子様連れのご家族には、亭主が出ていって「いい食べっぷりだね」と声をかける。小学3年生だと言うから、末恐ろしい大食漢なのです。

午後の3時を回っても、亭主は昼飯を食べる暇がなかった。洗い物や片付けは女将とスタッフに任せて、奥の座敷でやっと一息を入れる。これから、娘家族の来る夕刻までに、また一仕事しなければならない。お袋様に電話をかけて、早めに来て料理の手伝いをしてくれるように頼むのでした。スタッフを帰した後は、お袋様に残った野菜で天麩羅を揚げて、蟹や刺身を盛り漬けてもらう。小皿やグラスを並べるのも亭主の仕事。女将は家に戻って夕刻の一仕事…。

日暮れる頃にやっと娘の家族が到着して、久しぶりに婿殿を交えて乾杯をする亭主。孫娘が持っていたインスタントカメラで記念写真を撮ってもらったら、ご丁寧に日付とコメントを書いてくれた。今年の大晦日は、まずはこれにて目出度し目出度し。明日一日ゆっくりとしたら、二日はまた一族大集合だから霊犀亭も大忙し。夜になって息子からも電話が入って、二日に家族で出掛けてくると言う。年に何回かの皆の集合場所に蕎麦屋を使ってもらうのも嬉しい亭主。

 

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.