年の瀬の賑わい…

夕べは日の暮れ時の防犯パトロールで疲れていたはずなのに、夜になって懐かしい調理師学校時代の”Canard àl’órange”のレシピを見直したりして、鴨肉の料理について考えていたら、つい遅くなってしまいました。蕎麦屋の鴨肉も、去年は珍しがられたせいか、鴨せいろや鴨葱の塩焼きなどの注文が随分あったのですが、今年は、それほどでもない。新しいメニューを考えておかないと、5kg単位で仕入れている鴨肉も宝の持ち腐れになってしまうと焦りがある…。

去年の冬は鴨鍋うどんをメニューに入れて見たけれど、値段も高いせいか、ほとんど出なかったのでした。デビューが少し早すぎたのか。もっと、鴨の美味しさを宣伝してからでないと、やはり、お客の側からすると、注文する気にはならないのでしょう。たまに賄い飯に愛嬌で作る鴨ラーメン・餃子もなども、まだまだ、デビューには早すぎる。大勢の常連さんたちが、蕎麦以外に何かできないのかと、思うようになって初めて効果を発揮するのだろうと、思案を巡らす…。

寒い朝、今日も切りべら23~25本で細い蕎麦を打ちながら、亭主の胸中は穏やかではない。じっと我慢の日々なのです。有り難いことに、年の瀬の慌ただしい日だというのに、今日も早くから常連さんがご来店くださった。遠路はるばる訪ねてくれた昔の職場の友人もいたりで、ほぼ満席になった昼過ぎには、酒を飲むお客もいらっしゃって、去年の同じ時期よりはお客も増えたかと思える賑わい。ご新規さんも半分近くはいらっしたのでしたが、皆さん冷たい蕎麦…。

「お客が付くのには、時間がかかるんだよ」と、かつてご商売をなさっていたと言うお客様に励まされて、午後の3時までの営業を終える。明日の蕎麦汁を仕込み、新しい出汁を取る準備をして自宅に戻った。昼飯を食べたのがなんと午後の4時。夕食には女将が珍しくおでんを煮ていたから、夜はお気に入りの備前の徳利で熱燗で一献。いよいよあと二日だけれど、お持ち帰りの年越し蕎麦と天麩羅の予約が30人を越えたから、最終日は相当に忙しくなりそうです。

This entry was posted in 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.