今年最後の仕入れと仕込み…

さすがに暮れも押し迫った定休日2日目は、亭主も朝から忙しい。蕎麦屋と自宅の8次元での作業をこなすために、今朝も日の出と共にpekoの散歩に出掛けて、朝飯前に女将の稽古場の障子を張り替える準備をする。最新式の障子紙の丈夫なのを好いことに、最近は2、3年に一度くらいしか張り替えないけれど、やはり男手の必要な暮れの一仕事なのです。朝ドラを見終えたら、お袋様と女将を車に乗せて隣町のスーパーまで暮れの最後の仕入れに出掛ける。

帰りに農産物直売所によって、帰省する子どもたちに蕎麦屋の常連さんが作っている落花生の美味しいのを買い、ついでに小松菜や〆飾りの松の枝を購入してくる。蕎麦屋の冷蔵庫に生ものを入れ、今日仕込む野菜類は出したままにして、家に戻って障子張りを始める。始めてしまえば訳のない仕事で、ウッドデッキのテーブルや長椅子を元合った場所に置いたら、昼食に広東麺と餃子を作る。天気は好いけれど気温の低い今日は、温かいあんかけが美味しい。

夜は、今年最後の防犯パトロールがあるので、食休みをする暇もなく蕎麦屋に戻って、明日の仕込みを始めるのでした。黒豆は三日目の仕上げの作業。天麩羅の具材のカボチャを切り分けて、端切れで小鉢用のいとこ煮を作りながら、出汁を取って蕎麦汁を4㍑も作る。お持ち帰り用の蕎麦汁もあるから、三日間で通常の四日分の蕎麦汁が出る計算なのです。小鉢はカボチャと小豆のいとこ煮と、昨日のうちに仕込んであるなた漬けがあるから、ほぼ足りるはず…。

午後の仕込みも段々と疲れてくるから、正月料理の仕込みをしながら、蕎麦汁の冷めるのを待つ。「鱠はお父さんの方が細く切れるから美味しいわ」と、去年、女将が亭主の包丁の腕を認める発言をしたので、つい調子に乗って引き受けた大根一本分の分量。赤い人参は5分の1ほどと少なめにするのがバランスがいいと調理師学校でも教わった。あとは、料亭田村の親爺様のレシピに習って柚子の千切りです。柚子は砂糖で柔らかくしておくのがポイントらしい。

仕込みの合間に店で作った黒豆や鱠を大きなタッパに入れて家に持って帰ったら、「柚子の香りがいいわね」と、女将も納得の様子なので一安心。今年最後の夜回りからかえってまずは女将の部屋の障子張りの仕上げ。真新しい障子の割りには障子の桟が古すぎるのだけれど、夫婦二人でする大掃除も、出来るところだけというのはご近所も同じらしい。お節を二人で手分けして作る家庭も今ではどれほどあるのか。万全ではないけれど、せめてもの一年のけじめ。

夜のパトロールに出掛ける時刻には、南の空に煌々と輝く一等星が…。「あれは何という星なのですか」と、いつしか星空に詳しいと思われているらしく、尋ねられて、「わし座のアルタイルだと思うのですが…」と、うる覚えて応える亭主。この彦星と乙姫座のベガ、白鳥座のデネブは夏の三角形だけれど、この時期にも早い時間には見られるようなのです。団地の東側の森からは、オリオン座が昇ってくる。おうし座と今日はスバルもはっきりと見える寒い夜なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.