晦日の空も恙(つつが)なく…

寒い朝の続く年の瀬ですが、日中は陽射しものどかな小春日和。今朝は少し早めに家を出て、晦日の仕込みに専念する亭主なのでした。蕎麦豆腐、栗羊羹を仕込んだら、早速、蕎麦打ちにかかる。今日は、朝と夕に一回ずつ蕎麦を打ち、2㍑ずつの蕎麦汁を二回作る予定で、明日の大晦日のお持ち帰りの年越し蕎麦の準備に余念がない。既に予約をいただいている30人分の年越し蕎麦は、昼の営業の分を含めると、なかなか一度には打てない数なのです。

加水率は43%~44%。大分乾燥しているから、これでも最近はまだ硬いと感じることが多いのです。切りべらは23~25本と、このところ蕎麦もかなり細く仕上がるようになりました。出足の遅いお客さんたちが来る前に、スタッフと今日の蕎麦をぶっかけにして試食したのですが、大釜で40秒茹でても、洗って氷で締めるとかなりコシがあるので満足な仕上がりなのでした。昼を過ぎて今日は蕎麦好きの女性のお客ばかり。忙しい家事の合間に寄って下さる常連さん。

「ここのお蕎麦は本当に美味しい」と、年越し蕎麦と天麩羅を8人分も予約して帰られた女性もいるから驚きで、明日は朝から天麩羅を揚げるのが一仕事のようです。海老と南瓜とかき揚げの天麩羅を200円でお出しすることにしたら、ほとんど全員のお客が天麩羅を予約なさったから、これは新しい発見なのでした。店で熱々の天麩羅を食べていただきたいから、これまでお持ち帰りという発想はなかったのですが、冷めてもやはり蕎麦には天麩羅という人が多い。

お客のいない合間を見計らって、明日の小鉢にするぬか漬けに蕪を漬けたり、蕎麦汁をプラスティックの容器に詰めたり、やることは沢山あるのでした。午後の蕎麦を打ち終えて、天麩羅の具材を切り終え、暖簾を下ろしても、スタッフを帰した後は、また出汁を取り蕎麦汁を作る。大晦日は、出る蕎麦の数にしても、蕎麦屋にとっては一年の集大成とでも言える一日だから、今日のうちに出来ることは出来るだけやっておかないと心配でなりません。4時過ぎに帰宅。

帰りの空も雲一つない青空で、考えたら年の瀬だというのに今日も8時間、よく働いた。こうした地道な仕事が、きっといつか報われる日が来ると信じて、とぼとぼと歩く日暮れ時の道…。今年は、大晦日だけが蕎麦屋の手伝いの女将は、家でゆっくりとお節の仕上げにかかっていました。晩になって、娘の所から連絡があったらしく、実家の近い婿さんがたまには亭主と飲みたいと、家族と5人全員で泊まっていくという。久々に賑やかな大晦日になりそうで嬉しい。

 

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.