リピーターのお客がずらりと…

今日も一段と寒い霜の朝でした。霜柱が立つなどというレベルではなく、そのまま地表が凍っているような白さなのです。札幌も記録的な大雪だと言うけれど、部屋に小さなストーブかエアコン一台、防寒の衣類も完備していないような我が家では、この年の瀬の寒さはこたえるのでした。昨夜の営業の疲れが祟ってか、夜の食事もろくに食べずに早く休んだのは好いけれど、今度は朝の散歩に出掛けてもお腹が空かないから困ったものです。再び、体調不良の一日。

風邪をひいた予後は十分に気をつけなければならない年齢なのに、若い頃の感覚で、熱さへ下がれば元の身体に戻ると思ったら大間違い。夕べ食べたチーズ揚げ、寝しなに飲んだカナディアンウィスキーのオンザロック、どれもこれも今の身体では受け付けないものばかり。朝から背中が痛くて差し込みが起きたから、急いでブスコパンを服用したのでした。やはり同じような症状で、若い頃、医者に急性膵炎と言われたことがあったのを、ふと、思い出したのです。

寒さの中をじっと我慢して蕎麦屋の玄関口で待つpekoも、亭主が夕べの洗い物の片付けをして幟を出す頃には耐えきれずに吠え始めました。女将が出掛ける時間になっても、亭主は朝食を食べられずに、とうとうそのまま出勤。とにかく店の中を温かくして、コーヒーを一杯飲んだら、いつもより一時間遅れで蕎麦を打つ。今日は力を入れないように43%で少し柔らかめに捏ねて、ぴったり1kg11人分の蕎麦を仕上げる。切りべらは23本、細めのいい感じの仕上がり。

それでも、体調の悪さは治らないから、スタッフの手を借りながら何とか小鉢にする小松菜の白和えは用意できたけれど、サラダの野菜を刻む余裕はなかったのです。地元の直売所で買ったブロッコリーを茹でて、トマトや胡瓜を添えて簡単なサラダを作り、デザートは冷凍してある蕎麦饅頭だけ。蕎麦豆腐も今日は作る暇がなかった。こんな調子で開店できるのかと思ったけれど、お客が入る頃には、緊張もあるのか元気に、「いらっしゃいませ。まいど~」

週末がクリスマスの後の月曜日にしてはお客が入った方でしょうか。皆さん、リピーターの方ばかりで、先日、来年のカレンダーを持って自宅にまで来て下さった、業者の方たちもご来店でした。「本格的な蕎麦屋は久しぶりだなぁ」と、せいろの大盛りをご注文のお客様には、こってりとした蕎麦湯を作って差し上げた。近所のタクシー会社の運転手さんも気に入ってくれたのか昼飯時に二度目のご来店。学校が休みになったご家族連れもいつもと同じご注文です。

皆さんに、「良いお年をお迎え下さい。らいねんもまた宜しくお願いします」と年の瀬のご挨拶をして、今日の営業もなんとか無事に終了。寒いからと温かい蕎麦の汁も用意したけれど、全員が冷たい蕎麦のご注文で、年越し蕎麦と天麩羅の予約をされて帰る方もいらっしゃった。営業時間中、火口を一つ使って、昨日水に浸けてあった白花豆を煮込んで、白豆きんとんの準備。スタッフを帰した後も、黒豆のあく取りと白いんげんを水に浸ける。いよいよ年の瀬です。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.