5日も休んだ年の瀬の営業再開は…

この4日間というもの、床に入っている時間の方が長かったから、夜中に何度も目が覚めて、その度に今朝の蕎麦屋での仕事の段取りをシュミレーションした亭主。ところが、現実はもっと意外な感触で、熱を出していた3日間で体重が2kgも落ちたせいか、1kgの蕎麦を打つのに一苦労。元気な身体なら訳もないはずなのに、今朝はなぜか力が入らないのでした。加水率も42%だからそれほど硬い蕎麦ではないのに、蕎麦打ちがこんなに力がいったのかと再認識。

幸いに、日中のお客はそれほど多くはなかったのですが、閉店直後に常連さんからの電話があって、「今年も最後だから、夜に伺いたいのですが…」と言われると、断るわけにもいかずに二つ返事で引き受けてしまう。夜は休むはずだったのにと心配した女将が、手伝いに来てくれると言うから、自宅で遅い昼飯に餅を二つ食べて一眠りしたら、また、蕎麦屋へ出掛けていくのでした。大根の桂剥き、ツマ切り、切り落としの鮪の刺身を二皿作って、暖簾を出して待つ。

ところが、暖簾を出せば当然のことながら、他のお客もいらっしゃるから、一挙にテーブル席は一杯になって、今日の蕎麦はこれで売り切れ。ちょうど女将が来てくれたので助かったのでした。夜は歩いていらっしゃるお客ばかりだったから、ビールや日本酒、酒の肴が随分と出て、昼と同じほどの人数だったけれど、売り上げは倍近くもあったのです。今日用意した料理がすべてなくなったのが嬉しい。やはり年の瀬の日曜日。去年も確かそうだったような気がします。

8時前に家に戻って、蕎麦屋の残りもので夕食を取る亭主。そう言えば今日は、水泳部のOGから連絡があって、来春早々に40周年の記念パーティーを開くのだという話。考えたら、亭主ももう40年もの間、泳ぎ続けているのです。また、蕎麦屋を臨時休業にして出掛けなければなりませんが、それも人生の一区切り。40年前に発声した”enjoy swimming,enjoy your life” の言葉通り、皆さん元気で集まれると好いのですが。明日はまた一からの仕込みが楽しみ…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.