束の間の晴天…

朝の伊原間湾の景色は今日一日の天気を予想させる。波はなく、雲の合間から少しだけ青空が見えるのが、唯一の希望。この時期は、海水温が22,3℃とはいえ、海からボートに上がったときに気化熱を奪われて相当に寒いのです。潜り慣れている船長でさえ、クーラーボックスに用意したお湯をウエットスーツの中に流し込んで暖を取っていた。私は新品の6mmのスーツが幸いして、エアーの消費も少なくなっている。身体を冷やすのは消耗するのです。

それでも、島に着いた当日とは打って変わって、23℃の気温も寒く感じるから人間の身体の適応性は不思議なものです。だから、朝食前には普段のpekoeの散歩の代わりに、宿の近辺を歩いて身体を温める。ストレッチをして今日のダイビングの準備を整えておく。朝食後に宿を出て、午前中いっぱい潜ったらボートの上で奥様のお手製弁当を食べて戻ってくる。そして、眠くならないうちに、ログ付けとその日に撮った写真の整理整理をしておくのです。

今朝は朝一番で、顔なじみのインストラクターのマサコさんもアルカディア号に同乗して、平久保の岬の先まで連れて行ってもらいました。客は私一人だというのに、海の状況の穏やかなうちにと、サンゴの綺麗な島の最北端のポイントを案内してくれたのでした。港から約30分、平久保灯台を回ったサンゴ礁の海はさすがに見事で、この時期は透明度も相当に好く、思う存分写真を撮ってと言われた割には、久しぶりの海でカメラの操作ももどかしかった。

びっしりと生い茂った枝サンゴの間には、無数の魚たちが隠れ住んでいます。目の覚めるような青や優しい黄色のスズメダイの仲間たちが所狭しと顔を覗かせていました。時折、さわやかな水色のデバスズメダイの群れが通り過ぎる。若いサンゴが砂地の間にまるで野菜の芽が出るように可愛らしい枝や触手を広げている。海メロで出会うお客さんにも人気のあるこのサンゴ礁も、いつもはもう少し濁っているのだけれど、今日はまるで別世界なのでした。

窒素の抜けるのを待って、船は岬を戻って灯台の向こう側のポイントに錨を下ろす。朝のうちの雲も晴れて、陽が差してきたのも幸運なのでした。確か、ここは深いポイントの筈なのに、船端から海の底が見えるから透明度が抜群の証拠。さすがはこの島の海を知り尽くした船長の粋な計らい。有り難いことだと、マサコさんと潜り始めるのでした。視程は軽く30m以上はある。海底に続くなだらかな丘の上には、無数のカスミチョウチョウウオの群れが…。

明るい紫色のハナゴイの群れも一斉に向きを変えて泳いでいく。グルクンの群れも一直線に連なるように視界を横切るのでした。とにかく今日は水が澄んでいて遠くまで見えるから、自分が海の中の断崖絶壁の上にいるのがはっきりと分かって怖いほどなのです。海面を見上げればきらきらと陽が差している。無数の魚たちのシルエットが見える。そんな丘の中腹にカクレクマノミの親子が、色鮮やかなイソギンチャクの中で暮らしているのでした…。

船の下6mで、窒素を抜くために安全停止をして、今日のダイビングは終了です。他のお客がいれば、昼食後にもう一本潜って帰るのですが、私一人なので贅沢なダイビングをさせてもらいました。束の間の晴れ間が幸いして暖かな午後。宿に戻れば、奥様の入れてくださるお茶とお菓子で寛ぐひととき。海から上がって眠くなる前に、ダイビングログを書き込んで、船長とマサコさんにそれぞれサインをもらうのです。今日は本当に好いダイビング日和。

This entry was posted in ダイビング. Bookmark the permalink.