朝からペンキ塗りの日は…

定休日前夜の昨日は、久しぶりにpekoを亭主の布団に入れて眠ったのは好いけれど、パグは鼻の構造上いびきをかくので、これがうるさくて眠れなかった。夕刻の合同パトロールがあったので、プールをお休みをしたから身体が疲れていなかったのだろうか。結局、起き出して、居間でテレビ映画を見始めて、眠りに就いたのは明け方の3時。女将の朝ドラの時刻に朝食を食べて、「ペンキ塗りは今日明日じゃないと雨が降るらしいわよ」と女将に急かされる亭主。

まだ、表は5℃という寒さなのに。「気温が上がらないとペンキがのびないんだよ」などと言い訳をしながら、仕方なくペンキ塗りの続きを始めたのでした。案の定、二缶目のペンキもウッドデッキの床を塗っただけでなくなってしまったのでした。昼に女将をお稽古に送った帰りにでも、ホームセンターで同じ色のペンキを購入してこようと思いながら、他に仕入れる物がいろいろとあったので、何時の間にか忘れてしまった。今日は他に蕎麦屋の仕込みもあったのです。

団地から環状線の国道に抜けるには、狭い裏道を通るのが一番早いのですが、昔は秘密の抜け道だったのに、昨今は何時の間にか皆が通るようになって、今日も沢山の車が田んぼの中の道を列になって走っていました。年の瀬の5、10日とあって、国道もかなり渋滞しているのでした。いつも25分あれば着くところを今日は30分以上かかって、お師匠さんの家に到着。仕入れを済ませて蕎麦屋に戻ったら、2時を回っていたから、結構忙しい仕込みとなりました。

出汁を取る準備をして、冷凍しておいた二週間分のかつお節を大鍋にかけて溶かし始める。先週、安いからと2kgも買い込んだ金柑の残りを、今日は一気に甘露煮に仕上げるつもりで、種を取り始めたらこれがまた根気のいる仕事。1kgの金柑の種を取るのに小1時間もかかるのでした。そして、お酢と氷糖蜜で30分ほど煮込んで冷ます。金柑大福を作るには多すぎる量だから、正月に帰省する子どもたちに冬場の風邪予防に持たせても好いと考えているのです。

金柑の尻の部分は切り落として糠床に入れる。柑橘類の皮を入れておくと糠が酸っぱくならないというのは近所の農家の小母さんから教わった知恵。金柑の甘酸っぱい香りがそこらじゅうに漂って、なんとも気分が好くなるから不思議。香りが人間の免疫力を高めるなどと言う話もまんざら嘘ではないのかも知れないと思うのでした。それにしても、金柑の種は取れども取れども終わらない。若い頃なら到底こんな作業はやってみようという気にならなかったのですが。

隠居の身では時間だけはあるのだからと、常日頃自分に言い聞かせている亭主。最近は、近所に出掛けるのには、ほとんど車は使わない。一昔前なら、車は下駄代わりなどと言って、どこに行くにも車に乗っていたけれど、今は自転車にも乗るのも億劫で、つい歩いてしまうのです。仕事場の蕎麦屋が近くだからと言うのもあるけれど、やはり、時間があるからと思うからなのでしょう。「緩急自在は観自在に通ず」などと、独り呟いて歩く日もあるから人生面白い…。

金柑を煮ながら、今度は鍋にかけて少し乾燥してきた削り節を、フードプロセッサーにかけて細かく砕く。そして、更になべて乾燥をし続けるのですが、これには3時間以上かかるのです。結局、金柑を煮終わった頃には女将から迎えの車の要請があって、親子丼の具材の仕込みも終わらなかった。当たり前のことだけれど、朝が遅いと遅い午後にまで影響するようです。明日は、削り節の再乾燥と金柑の瓶詰めから始まって、仕入れの前にどれだけ終えられるか。

このところ朝方と夕方に雲もがなく空気の冷えた空が広がることが多い。今日も綺麗な夕焼け色の空でした。夕飯には女将と二人で鴨鍋をつつき、最後にうどんを入れて身体中が暖まる。居間でpekoを膝に載せたまま小一時間ほど眠ったらしい。「いびきをかいて寝ていたわよ。だからpekoがわたしのところに来ちゃって…」と女将に言われた。昨夜の仕返しかと可笑しくなった。いよいよ今年もあと十日。そろそろ年賀状の宛名の印刷をして早めに投函しなければ…。

This entry was posted in 仕込み, 日常. Bookmark the permalink.