何年ぶりかで急に熱を出して…

終わらなかった昨日の仕込みを片付けてしまおうと、今朝は6時に車で煙草を買いにコンビニに行ったその足で、蕎麦屋へ出掛けたのです。出汁を取り、鰹節のふりかけを煎って、金柑の甘露煮の味を調整する。店のエアコンはなかなか暖まらなかったけれど、幾つも火口を使っているから、厨房はそれほど寒いとは感じませんでした。約1時間の調理で、かなりの仕込みを済ませたけれど、先週、沢山の種類の料理が出た分だけ、まだまだ仕込んでおかなくては…。

やっと東の空が明るくなって、見れば周囲の畑には一面の霜が降りていました。一旦、家に戻って朝食を済ませ、女将の朝ドラに付き合ったら、洗面・着替えを済ませてお袋様を連れて仕入れに出掛ける。この間、農家の親爺様に「農産物直売所行ってるかい?」と言われて、「野菜の端境期に品数が少なくなってからは言っていない」と言うと、「行ってみなよ。冬のものが今は随分あるよ」と言われたので、今朝はまず直売所へ寄ってみようということになった。

果たして、新鮮な大根や長葱、小松菜など、さすがは地元の利。しかも、随分と安いから、お袋様もしっかりと買い物をして車に乗り込んだのでした。それから隣町の魚屋スーパーに出掛け、足りない物を買い足して、いつもの元気なお姉さんのレジで精算する。「元気な声が聞こえてくるので、つい、こちらに並んでしまうんですよ」と言えば、「普段から声が大きいんですよ」と笑って言うものだから、「元気をもらえるから好いですね。声の大きな人に悪い人はいない」

蕎麦屋へ帰って蕎麦汁を蕎麦徳利に詰めたり、金柑を瓶詰めにしたり、親子丼の具材を煮込んみながら、サワラの西京漬けや、厚揚げ田楽の味噌を仕込んで、次々と仕事をこなしていく亭主。昼近くになって、少し休んだ方が好かろうと、陽の当たる奥の座敷に寝転んだのはいいいのですが、なんだか身体中の節々が痛い。ストレッチを始めてみるのだけれど、珍しく頭も痛くなってきたから、おかしいとは思っていたのです。ぞくぞくと寒気が全身を襲うのでした。

蕎麦豆腐や天麩羅の具材切りは明日に延ばすことにして、片付けを済ませて早めに家に帰ったのです。遅い昼飯を食べてどうやら熱が出てきそうだと、遙か昔の記憶を蘇らせたのだけれど、既に遅し。ビタミンCを飲んで、床に就いたらそのまま夕刻まで目が覚めなかった。身体が燃えるように熱くて、何年も使っていないから、体温計を探したけれど見つからない。ひたすら眠って、夕食は豚鍋とおじやで済ませ、明日の営業は大丈夫だろうか。これからまた寝ます。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.