昼は蕎麦屋で鴨ラーメン餃子…

昨日は随分と動いたから、早い夕食に一杯飲んだら、居間の椅子に座ったまま寝込んでしまったらしい。膝の上にいたはずのpekoがワンワン吠えていたと女将から聞いた。主人が長いこと意識を失っていたので、驚いて吠えていたのかも知れない。女将が寝込んでから風呂に入ってブログを仕上げ、0時を過ぎて床に就いたら、今朝は7時半まで目が覚めなかった。長く寝る習慣が出来て嬉しいような、今日が大変になるから辛いような一長一短なのです。

女将の朝ドラに付き合って朝食を済ませ、「2、3分で着くから…」と電話をして、お袋様を車で迎えに行って、水曜日恒例の仕入れに出掛ける。季節の果物や野菜は随分と安くなっていたけれど、大根のなた漬けをもう少し出したいので、白菜は諦めて金柑を2kgも買い込んだ。家の金柑もあと少しで収穫できるのでしたが、金柑大福を作るのと、風邪の予防のために金柑の甘酢漬けを作るつもり。正月に来る子ども達にも持たせてやりたいと思う亭主なのでした。

お袋様が午後からは体操教室に出掛けると言うので、金柑の甘露煮となた漬けを作り、餃子を包んで持って行ってやると言った手前、それまでに買ってきた野菜を保存して、出汁を取って蕎麦汁を作りながら、次々と作業を進める厨房はまるで戦場のようなのです。シンクににはどんどん洗い物が溜まっていくのです。二番出汁まで取って天つゆを仕込もうと思ったら、甕三つも作って置いたはずの返しが底をついたのに気が付いて、慌てて返しを作り始める亭主。

1週間は寝かせないと好い味が出ないのに、明日の天つゆはどうなることやら。それだけ先週はお客が入ったということなのです。お袋様に約束の品を届けて、家に昼を食べに帰る暇もなく、やっと2時過ぎに蕎麦屋で一人、鴨ラーメンと餃子を食べるのでした。お腹が一杯になるともう眠くなって奥の座敷に一休み。天麩羅と蕎麦豆腐、デザートの仕込みはは明日の朝か。このところ寒くなったから、夜中に来て次の日の仕込みをするのは、ちょっと勘弁なのでした。

片付け物を済ませて布巾類を洗濯したら、もう帰る気になって、今日の仕込みはここまでということに。お隣さんが少しずつ引っ越しをしてきているらしい。ツートンカラーのモダンな建物のガレージは霊犀亭と同じく道路に面して2、3台分のスペース。自宅に戻ってパソコンを点けたら、早速、ブログのサイトをチェック。久しぶりに気になる友人が訪ねてくれたようで嬉しかった。今日の写真を整理してブログを書き終えたら、プールへ出掛けてひと泳ぎの時間です。

雨の降った後の空気は澄み渡り、濡れたウッドデッキを雑巾で拭いて、いよいよペンキを塗るばかりなのですが、明日は閉店後の午後からその仕事が出来るかどうか。施設の閉鎖まであと十日ばかりとなったプールは随分と空いていました。近くのスポーツクラブへ移った人たちが多いとは話に聞いていましたが、その影響なのでしょうか。今プールで泳げることの喜びよりも将来を考えての行動なのでしょうが、変わり身の速さは、やはり世間は恐ろしく利に目ざとい。

歩いても行ける所だからと団地の中のスポーツクラブに長年通っている亭主は、利に疎いのか我れ関せずなのか、次の業者が入るまではジョギングでもやって過ごそうと思っている。夜のパトロールに集まったメンバーの中にも、一時退会で次にテナントに入る業者を待つ人もいるようなのでした。寒い夜でしたが満月が綺麗な夜の防犯パトロール。一緒に回る仲間の足の速さも自然と早くなる寒さのです。明日は晴れると言うから蕎麦屋とペンキ塗りが気がかり。

This entry was posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.