柔らかな目覚め…

南の島の暖かな朝の目覚めが何よりのご馳走です。広い宿の庭に出て伊原間湾に広がる景色を眺めるひととき。穏やかな海の様子に安堵して、朝食後には、早速、器材をトラックに積んで、船長と二人、港へ向かうのでした。島の北部の静かな港は、市街地の朝とは違って人影もなく、二人分の荷物を積み込んだらすぐに出発。客は私一人なのに大きな方の船を出してくたので有り難い。今日のポイントまでは少し距離があるらしかった…。

去年の秋に船長に案内されて島の店で採寸してもらった6mmのウエットスーツの着心地はよく、気温23℃水温22℃の早春の海では抜群の性能を発揮するはずなのでした。ポイントに着くまでの時間は、十分にストレッチをして身体を柔らかくしておく。ちょっと汗ばむくらいの準備運動を済ませて、マスクの曇り止めをしたり、カメラの準備を整えたり、わくわくとするひととき。港の先の岬まで行くと、丘の上に白いコンクリートの宿の建物が見える。

二軒並んでいる右手がダイビングショップ海のメロディーの建物で、二階部分がペンション「野・空・海」の客室になっている。一番右の「海」が私のいる部屋。左手の建物は、海メロの船長の友人が自宅の二階でカフェレストランを営んでいる。一度伺ったことがあるのだけれど、なかなか凝った店内は霊犀亭と同じくらいの広さで、カウンターの向こうで店主が調理をする。以前は和食の料理人だったとか。島の魅力に憑かれた一人らしい…。

久しぶりに潜った海は、魚たちが舞い踊る春の海。若いサンゴが辺り一面に育っているのが見事なのでした。船長に案内されるままに、海の中の丘を幾つも越えながら、沢山の写真を撮る。途中、離れた場所から合図をくれた船長の指先を目で追ってみれば、大型のアオウミガメがふわりと地面から浮き上がる。若い頃なら猛ダッシュで追いかけていったものですが、さすがにこの歳になっては、海の中ではカメの早さには追いつけない…。

This entry was posted in ダイビング. Bookmark the permalink.